オッサン二人弾丸台湾旅行記〜②〜

 こんにちは。

 今年もお盆に夏キャンプに行くことが決定した酒井です、毎度です♫
今年はどこのキャンプ場に行こうか、ご飯は何を用意していこうか…。
いろいろ楽しみです〜(≧∇≦)/



 さて。
 
 本日は、台湾旅行記の続きです。
昨日の1回目の記事では、台北一日目の夕方までの様子をご紹介致しました。

 ここからは、台北の夜の街をお伝えします♫

 一度ホテルに戻りシャワーを浴びて、台湾の名物である夜市に向かいます。

 20170726ブログ1

 夜の台北駅はライトアップされていてとても綺麗です(^_^)

 向かったのは台北駅から歩いて行ける「寧夏夜市(ニンシアイエシー)」。
台湾には各地で夜市が開催され、地元の人や観光客で賑わっています。台北では最大規模の「士林夜市(シーリンイエシー)」が有名ですが、士林夜市は少し規模が大きすぎて疲れるのと、飲食店以外のお店も多くて僕的にはちょっと退屈してしまいます。
 その点、この寧夏夜市はコンパクトな規模かつ飲食店が中心で飲みながら楽しむのはちょうど良い広さ。

 20170726ブログ2

 コンビニで買ったビールを片手にぶらぶら歩きます(^_^)

 実は僕、ビーフンが大好き(^_^)

 20170726ブログ3

 このただの素ビーフン、美味しいです♫確か25元くらい(100円弱)だったかな。




 …で。

 今回はチャレンジしてみよう!!となったのが。

 「臭豆腐(チョウドウフ)」…。

 もう漢字が「臭い」と書いてありますから、なんとなく想像はつきますが、その名の通り“臭い豆腐”です。

 この臭豆腐というものは、豆腐を植物性の発酵液に漬け、豆腐の表面を発酵させ風味を付けたものです。
(※これとは別に、北京などの中国華北地方で食べられる腐乳と呼ばれるのも臭豆腐の一つですが、こちらは、豆腐にカビを生やして塩漬けにして作るそうです。激臭を発する塩辛のようなもので、調味料的に使ったり、少量を粥に入れたりして食べるらしいです。台湾などの南方の臭豆腐は豆腐の表面だけを発酵させているのに対し、腐乳は豆腐そのものを腐らせている点が違いのようです。今回僕が食べたのは南方の臭豆腐。)

 食べるときには、揚げたり炊いたりして食べるのですが、この調理中に今まで経験したことのない強烈な匂いを発します…。
どんな種類の臭さかと言うと、よく使われる表現は、糞便臭…。

 糞便…糞便…。ははは…。もう笑いさえ出てきますね。

 糞便臭ですって〜(≧∇≦)/

 もっと分かりやすく言えば“うんこ”の匂い〜(≧∇≦)/

 わーい(≧∇≦)/

 …実際、ツ〜ンと強烈なアンモニア臭とゲロを混ぜたようなアグレッシブな芳香はすぐに感じとることが出来ます。
50mくらい離れていても臭いで臭豆腐屋があるのがわかります。大げさではなく、ほんまに見えないところからこの臭豆腐の便所臭が漂ってくるのです!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

 もうただ“臭い”と書くだけじゃあその臭さの1%も表現できていないことにもどかしさを覚えます、それくらい臭い!!!!!

 数値で表すと日本の納豆と同じくらいの臭さらしいですが、体感では納豆なんて足元にも及ばないくらい臭いです。納豆はあんなに離れていたら匂ってきませんもん。

 
 でもね。

 これがですよ。

 夜市の屋台では地元の方は皆、喜々としてパクパク食べているのですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 それこそ食後のおやつみたいにΣ(゚∀゚ノ)ノ

 それだけで何も飲まずにムシャムシャ〜と食べてさっと帰っていくのですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 ああ美味しかったという顔でΣ(゚∀゚ノ)ノ

(※やっぱり地元の方でも臭くて食べられない方はいるそうですけどね笑
納豆を好きな日本人と嫌いな日本人がいるのと同じですね〜♫)

 ちなみに。これは聞きたくない噂ですが、中国本土では実際に臭豆腐の製造過程で糞尿添加する闇業者も存在するとかしないとか…笑笑
いやもうそんなの笑えません。それだけは人としてやってはいけないですよ!マジで!!∠( ゚д゚)/

 

 …そんな、強烈な匂いを発する臭豆腐。

 台湾の夜市では必ず何軒ものお店が出店しています。夜市の屋台ではなくとも路面店でも普通にそこら中で販売しています。
言わば台湾のソウルフードの一つと言っても過剰ではないでしょう!たぶん!!僕の見た感じでは…(・∀・)

 この臭豆腐を食べずして台湾フードを語るなかれです!

 ものを見た目や匂いで判断するなかれです!!

 実際日本人でも美味しいと言う方は多数いてます!

 いやもうチャレンジしようではありませんか。

 どんとこいです。

 食べてやりますよ。

 台湾の食文化の一部を食らってやりますよ!!!



 …とその前に、もう一つだけ御託を(・∀・)

 臭豆腐は、見た感じ二つの調理方法のお店がありました。揚げるタイプと煮るタイプです。
カリッと揚げた臭豆腐は厚揚げのようで匂いは控えめ。煮るタイプは韓国のスンドゥブのような外見で臭豆腐からだけではなくそのスープからもしっかりと激臭が漂ってきます。



 モチロン!!

 最初はお手柔らかに。

 ということで。

 揚げるタイプの臭豆腐をいただきました〜♫

 20170726ブログ4

 見た目はこんな感じです。
これは、揚げた臭豆腐にキャベツの漬物を添えて、そこにスイートチリソースのようなピリ辛のソースがかかっているものです。揚げたてのコロコロ厚揚げみたいな見た目で、匂いも全然しません♫

 さて。

 …もう、ぐちぐち説明は飽きましたね(^_^;)

 言葉で語るよりも映像のほうが分かりやすい!!と思いますので。

 まずは動画をみて下さい♫

 僕が人生初の臭豆腐を食べるところです〜♫

 是非ボリュームを大にして御覧ください♫

 

 笑笑。いやあやっぱり強烈でした!!(*´艸`*)

 最初、お皿に盛られた状態ではあの調理中のような強烈な匂いはほとんどしません。
それこそ口に入れた直後も、厚揚げのようでサクサクと美味しい食感です。

 

 お、なんだこれ。

 全然イケるじゃん!!

 なんて思いながらムシャムシャ食べ進めると。

 あとくちです!!!

 アフターフレーバー♫

 口の中から鼻に抜ける匂いです!!

 強烈!!

 激臭!!

 糞尿臭!!

 ぉうぇぇぇ!!

 うえうえうえおえおうえおぶええうううぶえべうべうえぇぇぇぇぇ…!!!!!!!

 

 …。

 …。

 ははは〜。

 動画では無理矢理「美味しい」なんて言ってますが。

 残しちゃいました〜(*´艸`*)

 いやあ。頑張って2/3は二人で食べたんですけどね〜…。

 食べきることは出来ませんでした。

 あの、口の中からこみ上げてくる匂いにやられた…。

 頑張ってビールで流し込もうと思って、途中ビールのおかわりまで買いに行ったんですが無理でした(^_^;)

 お店のオバちゃんにゴメンね〜と言ってそそくさと退散致しました〜♫


 …でもいいのです!!

 チャレンジしたことが大事なのです!!

 惨敗しましたが攻めたうえでの敗北です!

 価値ある敗北です!

 これで僕は臭豆腐の匂いだけではなく、味についても語る権利を獲得したのです!

 いやあ。

 臭かったな〜〜♫

 これ日本人でほんまに好きな人おるんかな〜??笑笑(^_^;)

 


 …ということで、気を取り直して次のお店に行きましょう♫

 20170726ブログ5

 寧夏夜市のすぐ脇の雞肉飯(ジーローファン)のお店に入ります。さっきの臭豆腐屋の斜め前です♫
このお店は人気店のようで沢山の人で賑わっています。

 ここでは、火雞肉飯(小)30元、炒青菜30元、下水湯40元、猪脳湯55元、を頼みました(^_^)1元は約4円弱。
飲食店の物価は日本よりもだいぶ安いですね〜。半分以下くらいですね(^_^)

 20170726ブログ8

 火雞肉飯は、薄っすらと味付けされた鶏肉を割いてご飯に乗せてタレがかかっています。これメチャクチャ美味しい♫
魯肉飯の鳥肉バージョンですが、個人的には魯肉飯よりもあっさりしていて断然美味しいです〜。

 20170726ブログ9

 台湾料理の鉄板。青菜の炒め物です。これも大好き♫

 20170726ブログ6

 そして下水湯。凄い気になる名前ですが、ずりのスープです笑
アッサリと優しいお味のスープに生姜、葱、砂ずりが入っています。美味しい〜♫

 そしてこれ。

 20170726ブログ7

 同行者がどうしても僕に食べさせたかったらしい一品。猪脳湯。
漢字のまんまです。猪の脳ミソが入ったスープ。

 見た目もまんま脳ミソです笑笑

 しわしわのぷるぷるです。

 食べてみるとほわほわと口の中でとろけて、まるで白子のような食感です。脳ミソ自体に味はほぼありません。
あとくちにほんのり生臭さがあるかな〜ないかな〜どうかな〜ってくらいです♫
見た目のインパクトに反して優しい味です(^_^)

 でも、もう次は遠慮しとこうかな!!笑



 …さて。

 最後にもう一軒。
行きたい飲食店がありました(^_^)

 実は、台湾には料理とお酒を同時に楽しむというスタイルは通常の飲食店にはありません。
ここまで紹介してきた飲食店では全て、現地の方と思われる人はお酒を飲んでいませんでした。水すら飲んでいませんでした。

 食事だけしてササッと帰るのです。
ですのでこれらのお店でビール等のアルコールを飲んでいる人を見かけたら、それは全て観光客です。

 この文化には少々驚きました。
皆、お酒を飲みたくならないのかな〜なんてすごく不思議に思えました。
あ、だから全般的に薄味なんだ〜とか妙に納得した部分もありました。

 当然、飲食店のお酒のラインナップもすんごい貧弱です笑笑

 お酒を置いていないお店もありましたし、あってもビールだけ、というお店も多かったです。

 逆に言えば、缶ビールを持ち込んでもOKなお店も多かったです。

 では。

 台湾の人はお酒と食事を同時に楽しまないの?というとそうでもなさそうです(^_^)

 台湾には“熱炒(ルーチャオ)”と呼ばれるスタイルの飲食店があります。日本で言う“居酒屋”のことです。

 今まで紹介した店舗は居酒屋というよりも、どちらかと言えば“食堂”的なポジションになるのでしょうね。だから皆何も飲まずにササッと食べて帰るのです。
ここ熱炒(居酒屋)的スタイルのお店は、お酒の種類がそこそこ豊富で、地元の方が賑やかにお酒と料理を楽しんでいるらしいのです。

 この熱炒スタイル、いくつかの共通したシステムがあるようです。
①席は自由。空いてる席を見つけたら遠慮せずに店内へズンズン入っていきましょう!笑
②注文は注文表に書いて店員さんに渡す!
(店前に並んだ海産物を指差し、調理方法を指定してオーダーするところもあるようです〜)
③店内サービスはほとんどセルフ笑!!
ビールや、水、ソフトドリンクは店内の冷蔵庫から勝手に取ります笑栓抜きはテーブルにぶら下がっています。
その他のアルコールは店内カウンターで注文。ちなみに氷、グラスもセルフ!!ご飯も自分でよそいに行け〜いと、ほぼ全部セルフ!!笑

 楽しそうですね〜(*´艸`*)

 ということで、事前に調べて、熱炒の中でも人気店のこちらにお邪魔してみました〜♫

 20170726ブログ10

「打咔生猛海鮮餐廳」
もはや漢字が難し過ぎて読み方がわかりません(^_^;)

 MRT中正紀念堂駅出口3を出て徒歩30秒!という超便利な立地にあります。

 20170726ブログ11

 いやあここ打咔。めちゃくちゃ賑わっているじゃないですか!!
ガランとだだっ広い店内はたくさんの人でほぼ満席です(^_^)

 そしてものすごく活気というか、熱気があります!お客さんに!
皆物凄い勢いで喋っていて、たくさん食べて、たくさん飲んでいます♫

 店内動画。

 

 大きい声を出さないと、同じグループの人にも声が聞こえないくらいの賑やかさ。圧倒されます(^_^;)

 でもね。店員さんはちょっと気だるそうにダラダラと働いています(^_^)
基本的にこちらから聞きに行かないとな〜〜〜〜〜〜んにも教えてくれません!!
こちらが何が何やらわからなくてキョロキョロしていても、そんな時に目が合っても、無視!!!!です笑笑

 でもビールの栓抜きの場所がわからなくて困っていて時だけは、スッとテーブルの足の下にぶら下がる栓抜きを差し出してくれました。
無言&無表情で。なんやツンデレか、ここの店員は(・∀・)

 ちなみに、ここの注文表に日本語表記はありませんので、漢字からその料理を想像し注文するしかありません(^_^;)
ま、でも同じ漢字なので、海産か牛肉か鳥肉か、煮てるのか焼いてるのか等の大体のニュアンスは想像できます♫

 で、頼んだのがこれ。

 20170726ブログ12

 具は忘れましたが炒飯。
普通に美味しかったけど、量が多い!!

 20170726ブログ13

 エビが食べたかったので“蝦”という字が入ったものを一つ注文してみました。

 じゃ~ん。エビマヨでした〜(・∀・)

 何故か上に、アイスクリームの上などにトッピングされているあのカラフルなチョコチップがパラパラとかかっています(^_^;)
そして台湾の特徴のようですが、マヨネーズ自体が甘いのです。甘々のエビマヨでした笑

 20170726ブログ14

 も一個頼んだのは、羊肉と青菜の炒め物。
これ美味しかった〜♫中華系の料理は羊肉を食べるのが美味しいね!!
逆に牛肉はどこも全然美味しくないです〜♫肉自体が良くないんでしょうね。
中華圏では牛肉は頼んではイケマセンね〜…。

 20170726ブログ15

 最初はビールを飲んでいましたが、途中からお酒は高粱酒と呼ばれる白酒の一種を飲みました〜(写真奥)。度数38度♫
 
 水割りにしたかったのですが、グラスの置き場所はすぐにわかりましたが、氷の場所がなかなかわかりません。
店員さんに聞いても「は??」みたいな顔されるし…(¯―¯٥)
いろんな店員さんに聞いて、やっと見つけた店内端っこの製氷機は宝箱に見えましたよ、ほんまに(^_^)
安くて酔える高粱酒、これ1本確か500mlで300元くらいだったんじゃないかな〜。オススメです♫

 そんな感じの、ここ熱炒スタイルの打咔。

 ぼちぼち美味しくて、値段は安くて、活気はめちゃあって、すんごく楽しいお店でした〜(≧∇≦)/
地元や海外の人々が入り乱れ、パワーと熱気の溢れるこの雰囲気で飲む高粱酒は最高!!!
男だらけの大人数で行ったらめっっっっっちゃ楽しそう!!(*´艸`*)
店員さんのツンデレ加減もほんのり好印象♫

 誰か一緒に行きませんか!!??(*´ω`*)


 …さてさて。

 ここまで結構たくさんの飲食店を紹介しましたが、こんな感じ終始飲んで食べての台湾一日目。

 楽しく過ごさせていただきました♫

 帰る途中にコンビニでマンゴービールを買って、まだホテルに戻ってから飲もうとしましたが、無謀でした(^_^;)
眠気に勝てず力尽きて寝てしまいました〜♫

 お休みなさい〜〜〜〜〜(≧∇≦)/


 …ということで旅行記②はここまで。

 続きは、二日目の朝からということになります。

 皆様お楽しみに〜〜♫


trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード