まったりソロキャンプ♫in笠置

 こんにちは。

 今年は前厄な酒井です、毎度です♫
厄はほとんど気にしません〜(*´艸`*)でへへっ、今年はどんな一年か楽しみですね♫

 
 さて。

 先日、焚き火がしたくて京都の笠置キャンプ場へソロキャンプへ行って参りました(^_^)
のでちょっと様子をご紹介致します〜。

 ソロキャンプってことは…一人??と疑問にお思いの方。


 そうです。一人です(≧∇≦)/

 「こんな真冬の、特に気温の低い日に、わざわざキャンプに出かけるなんて、しかも一人って…笑笑」

 と99%の方には笑われます。

 「アホちゃう!?」

 とさえ言われる時もあります(~_~;)

 「うわっメッチャええやん俺も行きたいわ〜!!」

 なんていう方はほぼいません(≧∇≦)/


 でもね、このソロキャンプ。


 意外に人気なんですよ♫

 YouTubeで検索すればソロキャンプ動画が山ほどヒットしますし、“ソロキャンプ芸人”なんて芸人枠もあるくらいですから!笑
「ヒロシです…」のあのヒロシもソロキャンプ動画を多数アップしています(^_^)

 ってことで。
僕が極々少数のド変態ではないことを少しでも理解いただけたところで、ちらっとそのキャンプの様子を紹介していきましょう(*´ω`*)

 今回目的地に選んだのは京都の笠置キャンプ場です。

 選んだポイントは2つ。

 1つ目は。
 車を持っていない僕は一人の時は公共交通機関での移動ですので駅徒歩5分のこのキャンプ場は超便利♫

 2つ目は。
 直火OK!なところ。地面へのダメージや火気の取り扱い等の観点から、ほとんどのキャンプ場は直火が禁止されています。ですが、山で薪を集め、地面にどかっと積み上げ、それを豪快に燃やすという超原始的かつ人間の本能にビシビシと訴えかけてくるあの焚き火という行為は僕がキャンプをする第一目的と言っても過言ではありません。なのでこの直火OKは重要ポイントです♫

 あとは、多少周りがうるさかろうが、汚かろうが、すぐ目の前に電車の駅があろうが、いいんです(*´ω`*)
電車で行ける、焚き火のできるキャンプ場ならいいんです(*´ω`*)

 では出発。

 20170130ブログ1

 今回の荷物はこのザックに詰め込みました。グラナイトギアのアルパインヴェイパー58L。
僕はパッキングが適当なので、ザックがでこぼこですが気にしないでください(~_~;)

 で。西田辺から約1時間半。

 目的地の笠置駅に着きました。ICカードすら使えない田舎駅です(@_@)

 20170130ブログ2

 すでに駅のホームからは丸見えですが、この広場がキャンプ場です(~_~;)
キャンプ場というより、ただの空き地のようです(~_~;)

 20170130ブログ3

 20170130ブログ4

 着きました〜(^_^)
ほんとに駅から歩いて5分でキャンプ場です。いや5分もかからなかったな(~_~;)

 ですが、あいにくの雨模様…グスン(T_T)

 雨雲レーダーを見ると、夕方までには止むハズ。

 雨の中、急いでテントを設営し、雨が止むまでテントの中でのんびりゴロゴロすることにします♫

 20170130ブログ5

 テント内。荷物が散らかっていますね…(~_~;)

 1時間半くらいで、みぞれのようなバラバラと大粒の雨もやっと止みました♫

 20170130ブログ7

 少し空が明るくなってきました。僕の他には数組のキャンパーがいるだけです。

 これが冬のキャンプの醍醐味なんです♫
人が極端に少ないので落ち着ける。のんびりできる。空気が澄んでいる。空が綺麗。ウィスキーのお湯割りが最高に美味しく飲める…。
夏キャンプには夏なりの楽しいところがたくさんありますが、冬キャンプにも冬の良いところはたくさんあります。

 さてと。雨も止んだし、薪を拾って焚き火を初めましょうか(*´艸`*)

 アクセスの良いキャンプ場だけあって、良い薪はほとんど落ちていなかったですが、なんとか寝るまでもつくらいの木材は確保できました(^_^)

 焚き火ですが、木が濡れていてもしっかりと火付けができれば雨がどしゃ降りの中でも燃やすことができます。
そして一旦燃えればどんな木も燃えます。焚き火の火力はビールのアルミ缶も燃やしてしまうほど強力です(^_^)

 20170130ブログ8

 火付けの木が見つからなかったので少し苦労しましたが、やっと火がつきました(*´艸`*)
竹はよく燃えます♫(すぐに燃え尽きますが)

 火がついて一段落したところで、もちろん。

 20170130ブログ9

 飲み始めます(*´艸`*)

 まだ4時半ですがいいんです♫

 かんぱ〜い(≧∇≦)/

 20170130ブログ10

 晴れ間も広がってきました。山肌から水蒸気が出ています。

 20170130ブログ11

 マイテントと夕日。モンベルのステラリッジという山岳用テントです。

 焚き火が熾って、ビールを飲んだら。

 20170130ブログ12

 もちろん肉です(*´艸`*)

 荷物の簡略化もありますが、もう今日は肉しか持ってきていません!!(`・ω・´)ゞ

 肉を食いまくります♫

 日が暮れてきました。

 20170130ブログ13

 ビールも2本めに突入です。

 ビールも美味しいですし、焚き火もあるし、雰囲気も最高で。
 持参した、牛・鶏・豚のお肉合計約800gはあっという間になくなりました(^_^)

 この頃にはもうビールはなくなり、ウィスキーのお湯割りです。

 20170130ブログ14

 あたりはもう真っ暗です(^_^)

 冬のキャンプで、夜焚き火の前が、ウィスキーのお湯割りを最高に美味しく飲める場所なんじゃないかと思ってしまいます。
キーンと冷たく引き締まった空気に包まれながら、その周りの空気とは対象的に、柔らかく温かいウィスキーのお湯割りを堪能できるのはこの上なくシアワセです(*´ω`*)もう本当にいいキモチ…♫

 持ってきた300mlのウィスキーもあっという間になくなりました(*´艸`*)

 そろそろ寝ましょかね。

 テントに戻ります。

 20170130ブログ15

 空気中の水蒸気がテントのフライシートに付着し、冷やされて粒々になって固まっていました。

 やはり、火から離れてテントに入るとぐっと寒さを感じます。そりゃ外はもう0℃くらいですもんね。
テントの中もそれくらいの温度ですものね(~_~;)

 僕は氷点下に耐えうるシュラフ(寝袋)は持っていないので、古いインナーシュラフ(シュラフの中に入れるペラペラの生地)、古いペラペラのシュラフ、シュラフカバーを3重に重ねての潜り込みます(~_~;)

 翌朝、温かいコーヒーと温かい春雨スープを飲みたかったので、シュラフの中にガスボンベ、水を一緒に入れて就寝です。


※ボンベは、5℃以下くらいの低温になるとガスの気化温度の関係上、著しく火力が低下します。ですので一緒にシュラフに入れて体温で温めながら寝ると出力低下を防げます。
※水は一晩テント内に置いておくと凍る可能性があったので、これも一緒にシュラフに入れて凍らないようにします。

 足元にホッカイロも突っ込んだし、完璧!!

 さて寝よか〜(*´艸`*)

 おやすみなさい〜♫



 


 …。

 …。

 …。

 ん?

 …ん??

 …んんんんん??????

 なんかシュラフの中がちべたい…(・・?

 何で?

 濡れてる??

 はて(・・?


 (・・?(・・?


 …もしかして。

 …まさか。

 Σ(;゚Д゚ノ)ノΣ(;゚Д゚ノ)ノΣ(;゚Д゚ノ)ノ

 水、漏れてるーーーーー!!!!((((;゚Д゚))))((((;゚Д゚))))


  
 …。

 しっかりと締めていなかった水の容器から水が漏れてるではありませんか…!!!


 ええええええええ〜〜〜〜〜!!!!


 み・ず・が・も・れ・て・る〜〜〜!!!

 あははは〜〜(*´ω`*ノ)ノ

 お水が漏れてる〜〜(*´ω`*ノ)ノ

 わ〜〜〜いい(*´ω`*ノ)ノ

 こんなに寒いのに濡れたシュラフで寝ないといけなくなったぞ〜〜(*´ω`*ノ)ノ

 わ〜〜〜〜い♫(*´ω`*ノ)ノ

 …。

 …。

 最悪や…(T_T)

 地獄や…(T_T)

 拷問や…(T_T)


 はああああああ……。

 しばらく呆然としてしまいました。


 もうホンマに自分をこんだけバカやと思ったのも久しぶりです。

 フタくらいちゃんと締めとけよ!!(`Д´#)ノ

 メッチャ冷たいやんけ!!!(`Д´#)ノ

 と、自分にイライラしましたが。

 そんなんしても状況は変わりません(T_T)

 どないしよ…。

 なんとかしないと。

 こんな冷たいままじゃ寝られへん(T_T)

 とりあえず、持っていたタオルでシュラフの中を拭いてと…。

 さて。

 今からまた外に出て、真っ暗の中薪を集めて火をおこし、シュラフを乾かす?
そんなことしてたら寝るまでにあと何時間かかんねんっちゅう話です。

 ガスボンベの炎で乾かす?
テントの中でそんな作業するのも燃え移りそうで怖いですし、外で何時間もそんな作業するのも寒いし…。


 …今一番できそうなことは。

 シュラフの中にホッカイロを投入しまくること…かな。

 やってみよう。

 残っていた5個くらいの貼るカイロを濡れてるお尻あたりに並べて貼ってみました。

 …。

 …。

 お。

 わりかしイケるかも。

 なんだか濡れてるのか温かいのかようわからん感じやけど。

 暖かく濡れてる感じが、なんかオネショしたみたいで微妙やけど。

 冷たい時の不快感よりも何倍もマシになりました。


 これは。

 寝れる!

 これくらいなら寝れる!

 少しホッとしました。

 なんとか寝れそうです。

 はああ、良かった〜〜♫

 貼るカイロ、ようさん持って来といてよかった〜〜♫

 てかカイロって偉大〜〜!!(*´ω`*)

 スゴイ!!

 カイロ様!!

 カイロ様々♫

 ホッカイロってスゴイな〜〜。
濡れた腰の周辺も気にならなくなったし。
もともと足元に入れてたカイロは温温やし。
いやあ、ほんまカイロってスゴイな〜…。

 と感心しながらやっと眠りにつけたのでありました♫

 夜中は、シュラフの寝苦しさからか何度か目を覚ましましたが、またすぐに眠ることができたので概ね快眠できたと思います♫





 …そして朝6時。

 起床時間です。

 やはり明け方は超寒い!
テントの中の空気がピーンと張り詰めています。

 シュラフから出たくないな〜なんて30分ほどダラダラするところは、家の中だろうがテントの中だろうが一緒ですね(~_~;)

 さて。

 勇気を出してシュラフから抜け出し、コーヒーと春雨スープを作るためにキャンプ場の炊事場に水を汲みに行きます。
持っていたお水は、昨夜こぼしたせいでなくなりましたからね〜(-_-;)

 20170130ブログ17

 テントのまわりは、昨日の雨の水たまりが凍っていました。

 20170130ブログ16

 外においていた、道具も霜?雪?がついて真っ白です(~_~;)

 …。

 …てことは。

 あ、やっぱり。

 水道凍ってる…(T_T)

 うええええん…(T_T)

 ああ、なんで昨夜のうちに思いつかんかったんや〜…。

 ちょっと考えれば想像できることやのに〜…。

 こんなにグッと冷え込んだ早朝やのに、温かいコーヒーも春雨スープも作られへんのか〜…。

 なんか今回ソロキャンプは久し振りのキャンプだからかヘマが目立ちますね(¯―¯٥)

 ちょっとふてくされて炊事場を後にしようと一歩を踏み出すと。

 地面にたまっていた水が凍っていて。




 つるーーーーん!!!!(。>﹏<。)(。>﹏<。)(。>﹏<。)

 


 見事にひっくり返ってしまいました…。

 あんなに見事に回転してひっくり返ったのはたぶん子供の頃以来じゃないかというくらいのずっこけっぷりです。

 
 う〜〜ん。昨日からホンマにあかん感じやなあ…(¯―¯٥)

 

 ま、ちょっと擦りむきましたけど、大した怪我がなくてよかったです(~_~;)

 ふてくされずにテントに戻りましょう♫

 
 でもどうしても温かいものが飲みたかったので、昨日ペットボトルに1/3ほど残していたセブンイレブンのジャスミンティーを沸騰させて春雨スープだけ作ることにしました(~_~;)
さすがにジャスミンティーでコーヒーはやめておきました(~_~;)

 いやああ。

 ほんのりジャスミンティーの味がする柚子ポン酢味春雨スープは微妙な味やったな〜〜……(*´ω`*)

 はは。一言で言うたら。

 不味かったなあ〜…(*´艸`*)

 ま、身体が温まったから良しとしましょうか…♫

 そんなこんなで、今日はランチ営業があるので今から帰り支度です。

 テントその他道具を撤収し、後片付けをし、キャンプ場を後にしました。

 20170130ブログ18

 帰り際は青空も見えてきて、気持の良い空気が流れていました♫

 こんな感じで終わった冬のソロキャンプ、ちょっと今回はヘマばっかしでしたが、めちゃ楽しかったです♫
あんだけボ〜っとした夜は久しぶりです。贅沢な時間を過ごせました(^_^)

 おおすすめですよ〜。皆さんも、ソロキャンプいかがですか〜(*´艸`*)


trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード