国内蒸溜所紹介・ナインリーブス蒸溜所

 こんにちは。

 先日、映画「デッドプール」を観に行った酒井です、毎度です。
ちょっと期待が大きすぎたのか、思ってたほど面白くはなかったかな〜…という感想(~_~;)
それにしても下ネタ、グロのオンパレードでなかなかのお下劣ヒーローでした(^_^)

 さて。

 先日は、ウィスキーフェスティバルでスタッフの加藤が受講したセミナー「本坊酒造・津貫新蒸溜所」についてご紹介致しましたが、その時私酒井はまた別のセミナーを受講しておりました。

 今回はそちらのセミナーのご紹介です♫

 20160628ブログ3

 何故かウィスキーフェスティバルのセミナーでラム!!なんですが(~_~;)
滋賀県のナインリーブス蒸溜所のテイスティングセミナーです。以前にも少し紹介したことがあるのでチラッとその存在くらいはご存じの方もいらっしゃると思いますが、おさらいでもう一度ご紹介しておきます。

 20160628ブログ2

 ナインリーブス蒸溜所は竹廣株式会社という会社が運営されていますが、この竹廣株式会社、なんと実は名古屋の自動車部品製造会社なのです。製品の一部を作るのではなく、全てを自分で作り、責任を持つモノづくりをしたかったという社長の竹内氏の思いからラムの製造に取り組み始めたそうです。

 自動車部品製造からラム作りとはなんともいきなりでびっくりしますね!
まったくの異業種から飛び込むそのバイタリティにただただ感服します(゜o゜;

 そしてラム作りを決意した竹内氏は滋賀の湧水の存在を知り、その地に蒸溜所を建設すること決めます。
さらに、沖縄産多良間島産のサトウキビから作られた黒糖を確保し、スコットランドに渡ってウィスキーのポットスティル製造で世界トップシェアを誇る「フォーサイス」社にポットスティル製造を依頼し、イチローズモルトの秩父蒸溜所で研修を受けました。

 さらっと何気なく書きましたがこれらの作業。
何も知らないところから世界有数の会社と次々と繋がりを作るその行動力と決意は凄い!!

 これだけではありません、まだまだ竹内氏はやります(`・ω・´)ゞ
自ら図面を引き、工場を建設し、水の汲み上げ、もろみの発酵の確認、蒸溜、瓶詰、そしてラベルまで。
すべては竹内氏が手を動かし目の届く範囲で行っているようです。
もうこの人には不可能なことはないんじゃないかと思うくらいに何でもこなしてしまうんですね…。

 そうして出来上がったナインリーブスラムは、ファーストリリース(2013年)の翌年にいきなりパリのラムフェスタで銅賞を獲得してしまいます。それを皮切りに世界各国のラムコンペティションで様々な賞を受賞し一躍人気ラムと
なります。

 ちなみにこのナインリーブスのブランド名は、竹内氏の家紋である“九枚の笹”に由来するようです。ボトルにもその九枚の笹をモチーフにしたマークが描かれています。

 今回のセミナーは、基本の定番商品である「ナインリーブス・クリア」、「ナインリーブス・エンジェルズハーフ〜アメリカンオーク〜」、「ナインリーブス・エンジェルズハーフ〜フレンチオーク〜」、「ナインリーブス・オールモストスプリング」の試飲に加え、スペシャルアイテムとして、今秋発売予定のブレンドラムの構成原酒2種類を飲ませていただきました!!

 20160628ブログ4

 ナインリーブス・クリア(一番左)は、単式蒸留機(ポットスティル)ならではの重厚的な味わいが特徴で、力強く華やかなその香りはどこか日本酒の吟醸香を思わせるようなオリエンタルな雰囲気を醸し出しています。

 ナインリーブスのエンジェルズハーフシリーズは、ブランド初の樽熟成シリーズとして登場しました。樽熟成ならではの、樽からの蒸散(天使の分け前(=エンジェルズシェア)と呼びます。)と、自然と時間の流れに感謝の気持ちを表し、“エンジェルズハーフ”と名付けられたようです。

 こちらのナインリーブス・エンジェルズハーフ〜アメリカンオーク〜(左から2番目)は、その名の通りアメリカンオーク樽の新樽で半年間熟成させたもので、アメリカンオーク由来のマーマレード、メイプルシロップ、ナッツといった風味を纏ったのが特徴。

 そして右隣りのナインリーブス・エンジェルズハーフ〜フレンチオーク〜は、フレンチオーク樽の新樽で半年間熟成させたもの。フレンチオーク由来の華やかでフルーティな香味や、オレンジ、バニラの風味が特徴。

 右端のナインリーブス・オールモストスプリングは、カリフォルニアの赤ワイン樽(カヴェルネソーヴィニヨン種)で1年間熟成させたもので、ナインリーブスの力強い甘みとオリエンタルな風味に赤ワイン由来のベリーの風味が加わったラムになります。
春に仕込んだ原酒が1年の熟成を経てまた次の春に商品化されるということと、期待感・可能性の始まりというイメージから“オールモストスプリング”と名付けられたようです。

 そしてスペシャルアイテム。
シェリー樽2年熟成と、ブランデー樽2年熟成の原酒。今秋発売予定のブレンドラムの構成原酒2種類です。

 20160628ブログ1

 この原酒の美味しいこと!!(*´艸`*)
こんなに美味しいのに混ぜちゃうの!?って思っちゃいました。
特にシェリー樽の方は素晴らしい出来で、ブレンドせずにそのまま商品化して欲しいくらいです。

 この秋の新ブレンドラムは期待大です♫

 必ず仕入れますので皆様お楽しみに♫

 最後に。

 この行動力抜群の、何でも一人でやっちゃうスーパーマン竹内氏はバリバリの職人気質なのですが、そんな職人イメージとは裏腹に、物腰柔らかくユーモアを交えて話してくださる気さくな方でした(^_^)
某サイトのインタビューで読んだのですが、竹内氏の夢は「海外でバーに入ると、隣りに座った見知らぬ人が「ナインリーヴスを」って頼んでいる場面に遭遇すること!」だそうです(^_^)
まずは日本でその場面に遭遇してもらうために我々が「ナインリーヴスを」と頼みましょう〜(*´艸`*)



trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード