信州のウィスキー

 こんにちは。

 NHKの朝の連続ドラマ「マッサン」で、ジャパニーズウィスキーが脚光を浴びているようです。
 
 私は深〜い眠りについている最中なので、見ることはできないのがちょっと残念(^_^;)

 このドラマは、ニッカウィスキーの創業者・竹鶴政孝とリタ夫人の話のなので、その脚光の主人公はやっぱりニッカのウィスキーなのですが、私達の国には他にも美味しい国産のウィスキーメーカーがあります。

 今日入荷のご紹介をするのはそのジャパニーズウィスキー。

 こちら。

 20141021ブログ

 <左から>
 リバイバル 駒ケ岳 2011  ¥1,400
 20年近くもの間操業を停止していた、九州の焼酎メーカー・本坊酒造が運営する信州マルス蒸留所。
そのマルス蒸留所の復活記念ウィスキー。
そうです、2011年から操業を再開したのです♪パチパチ〜。
ですのでこちらのウィスキーはまだ3年熟成。これから伸びゆくこの子の今の姿を見て下さい的な意味も含まれているのでしょうか(^_^)
 そしてこのマルス蒸留所は、冒頭の朝ドラ「マッサン」とも関係があるんです(^_^)
竹鶴政孝氏の上司として、留学から戻った竹鶴の実習ノートを最初に受け取ったのがマルス蒸留所のポットスティルを設計した岩井喜一郎氏なのです。
 そんな新生マルス蒸留所、これからも様々なウィスキー構想もあるようなのでとても楽しみ。
 まずはこの復活記念、“リバイバル駒ケ岳”で祝杯といきましょう\(^o^)/


 ツインアルプス  ¥700
 もう一つマルス蒸留所からのウィスキーです。
信州マルス蒸留所が位置する「中央アルプス」と東方の「南アルプス」のふたつのアルプスの雄大さをイメージしたブレンデッドウイスキー。
柔らかな口当たりと豊かな芳香、穏やかな余韻が特徴。


 以上、信州のマルス蒸留所からの2本、入荷いたしました。
有名なサントリーやニッカの他にもまだまだ国産の優れたウィスキーがありますので、それらを飲み比べるのもまた楽しいものです。

 皆様是非お試しを♪



trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード