高取城址ハイキング〜後編〜

 こんにちは。

 親不知の抜歯が2泊3日の入院ではなく、1泊2日で済みそうな酒井です。

 やたっ!\(^o^)/

 そして現在は、一度の入院で下顎左右両方とも抜いてしまおうかどうか悩んでおります(^_^;)

 相当腫れますよ〜ですって♪


 さて本日は昨日の続き、高取城址登山の後編です。

 前篇は駅から町家の通りをてくてく歩き、山へ入るまでをご紹介しました。

 後編は山へ入ったところからです♪

 ではどうぞ!


 20131024ブログ14

 登り。嫌いな階段…。
 ほとんど階段の山道をトレーニングも兼ねて小走りで登ります。

 すると40分ほど登ったところで早速門の跡が現れます。

 20131024ブログ15

 二の門跡。この二の門の脇には山城には珍しいという水堀の跡があります(池になっていました)。

 でもこの二の門。
これ門!?ってくらいこじんまり…。

 この時点では私、高取城址を侮っていました。
どうせこんなしょぼい、あるんだかないんだかわからない跡が続くんやろうな〜…と。

 でも最初の門が現れたってことはここはもうすでに城内ってこと。
城の中はどんなのかちょっと楽しみでもあります♪

 そして二の門をこえてしばらくすると分岐が現れます。

 20131024ブログ16

 まっすぐ進むと本丸なのですが、せっかくなのでちょいと右へ寄り道して「国見櫓」を見に行くことにしました。120mて書いてるし♪

 字から想像するに、城下町の様子を見るためや、敵が攻めてきた時の状況把握に使われていた建物があったのかな〜なんて想像しながら脇道を歩きます。

 到着。
櫓という程の建造物は何もありません。
 
 20131024ブログ17

 ポツンと双眼鏡が置かれていました。書かれた字にちょっとほっこりします、ありがとうございます使わせていただきます♪

 20131024ブログ18

 国見櫓からの眺め。
ちょっと天気がいまいちですが、いい眺めです。国見というだけあって眼下に街並みが一望できます。夜景が綺麗そう♪

 またもとの道に戻り進みます。

 するとどんどん門の跡が出てきます。

 矢場門跡。写真なし。

 20131024ブログ19

 松ノ門跡。

 20131024ブログ20

 宇陀門跡。

 20131024ブログ21
 
 千早門跡。

 …。

 大きな石垣や門跡はまだ出てきていないが、もしかしてこの城。

 相当でかい??

 山道だからそう感じるのか、最初の門跡から結構歩いている気がします。



 とそこへ急に。




 20131024ブログ22

 キターーーーーー\(^o^)/

 どかーんとしっかりとした、い・し・が・き!

 20131024ブログ23

 大手門跡です。

 やっぱ石垣はね!どかーんとでっかくないとね!ねーーーーー!

 20131024ブログ24

 見上げた石垣。

 重機も何もない時代に、人の手だけでこんなでっかい石を、こんなに高い場所まで成形して、こんなに隙間なく積み上げる…。

 人の知恵と技術と努力は凄い。

 私の心はでっかい石垣を見た瞬間のうなぎ上りのテンションから、静かな感動へと変わっていきました(^_^)

 20131024ブログ25

 大手門跡の手前にはハイキングコースの案内板も立てられています。

 お、猿石近いじゃない。

 そうです、ここは壺阪山の一つ北の駅「飛鳥」からも登ってこれるようです。昔学校で習った古墳のいっぱいあるところです。
そっちのコースも楽しそう♪

 石舞台や、亀石、酒船石、猿石見てみたいな〜。

 小学生の時に、父親からもらって読んだ手塚治虫の「三つ目がとおる」を思い出しました。
主人公・写楽保介が独自の推理でこの酒船石の謎を解き明かし、それにドキドキしていた自分が懐かしい♪
また読もうかな〜。

 飛鳥からのコースもまた来てみよう♪

 さてその案内板の横には、ここ大手門から見えたと思われる当時の風景がCGで再現されたものも掲示されています。

 20131024ブログ26

 見てビックリ。
やっぱりなめてました、高取城。ゴメンナサイ。

 すごい立派なお城じゃないですか!

 ちっこいお城がポコッとあるだけかと思ってました(^_^;)

 ところがまだまだ本丸までは距離がありそうやし、最初の門からはだいぶ歩いてきたし。とにかく広いわ〜。

 ここで高取城を見直しまくって、意気揚々と再び歩き出します♪

 
 でも。
明治にはまだ城も残っていたらしい。何でなくなったんやろ…。残念で仕方がない(T_T)



 そしてここからまだ先に門があります。

 20131024ブログ27

 20131024ブログ28

 十三間多門跡。

 この十三間多門跡をこえると、少し空間が開けた場所へ出ます。

 20131024ブログ29

 お、そろそろ本丸が近いのかな〜とワクワクしてきます。

 でもまだ門あった。

 20131024ブログ30

 十五間多門跡。

 20131024ブログ31

 十五間多門跡をこえてすぐの櫓跡。

 20131024ブログ32

 階段を登ったところ。見晴らし良し♪

それにしても凄い築城技術やなあ〜と感心するばかりです。

 そして後ろを振り向くと…。


 20131024ブログ33

 20131024ブログ34

 やっと目の前に本丸らしきどでかい石垣が現れました♪

 20131024ブログ35

 登ると広い平地です。

 ここに本丸がでーんと建ってたんやなあ。
お殿様とその家臣たちがおったんやなあ。
正室とたくさんの側室たちもおったんかなあ。

 羨まし…くないなあ…(´ε` )

 20131024ブログ36

 南側の景色。南東方向には大峰山や大台ケ原の山々が見えます。
待ってろよ〜い、近々八経ヶ岳登る計画立ててるからね〜♪

 それにしても寒い!!
登りの途中から雨は降ってくるわ、城の周辺は何故か急にひんやりとした空気になるわ、風は出てくるわで。
使うことないやろうなあと思いながらも、念の為にザックに詰めておいたフリースを着込みました。
持ってきてて良かった〜…。

 ふぃーー。
これで高取城址見学は一通り終わりました。

 帰りは、西へグルっと回って壺阪山寺の方から帰ろうということに。

 これがまたほとんどがただの道路であんまりおもしろくない道でした〜…。

 20131024ブログ37

 壺阪山寺。立派なお寺です。

 20131024ブログ38

 でっかい仏像も何体かどーん。

 

 …壺阪山駅到着。

 おまけ画像です♪

 行きは気付きませんでしたが、駅前の家の軒先に。

 こんなものが…。

 20131024ブログ39

 女性の頭部くらいの大きさの中世の騎士の兜みたいな鉢?から、何やら見たことあるようなないようなモワモワの植物がニュルニュル這い出してきています。

 うへえ〜〜(>_<)

 ベルセルクに出てきそう。


 20131024ブログ40

 そして気になっていた駅前のせんとくん食堂の肉うどんで体を温めて帰りました〜。


 高取城址、楽しかったですよ♪
登ってもそんなにしんどくないですし、なんなら本丸のすぐ下まで車で行けるみたいですし。
皆様も是非城跡見学行ってみてください♪



trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード