仙台訪問記1 〜ピーチ・地震・牛タン編〜

 こんにちは。

 なんだか涼しくなりましたね。
秋の訪れを感じます♪ 
残暑は厳しそうですけど。

 さて先日、ウィスキーの蒸溜所見学に行ってまいりましたので、その様子をご紹介します。

 長くなりそうなので、何回かに分けて書いていこうかと思います。

 お付き合いよろしくお願いします♪


 では参りましょう。

 私、初めて東北地方に降り立ってまいりました。場所は宮城県は仙台。

 目的はニッカの宮城峡蒸溜所見学。
ムフフ♪これで国内の見学可能な主要な蒸溜所は全て制覇です、いぇい♪

 20130827ブログ2

 初めてのLCC、ピーチ♪

 機体ちっちゃい…。ピンクのオモチャみたい。

 座席も狭い狭いとは聞いていましたが、確かに狭い。

 けど、2時間くらいまでのフライトなら我慢できるレベル。
180cmの私が座席にキッチリ奥まで腰掛けて背筋をぴーーーーーんとして前の背もたれと膝に少し余裕があるくらい。

 んん??短足だから?

 2mくらいある人ならおそらく座ることすら不可能(体育座りなら可能!?)。必然的にLCC除外。

 私的にめんどくさかったのは、電車で関空に着いてからさらにバスに乗らされ第2ターミナルまで行かないといけなかったこと。これだけで時間が余分に20分ほどかかるやーん。

 そっか、これがLCCたるポイントやな。
ま、そこらへんは車で行くならさほど違いはないのかな。

 フライトチケットもペラペラのレシート♪「ookini」って書いてある。おおきに♪

 さらに夕方くらいの便になると大概定刻よりも遅れるみたい。

 ただ、これらのマイナスポイントも安さの代償としては納得レベル。
牛丼並盛1杯280円の吉野家の椅子が座り心地が悪い!と言って怒っても仕方がないですもんね(^3^)

 で。
行きはビューンと飛んで1時間で仙台空港に着きます。早っ。

 どこ行っても夏は暑いんやな〜と実感(^_^;)
仙台もこの日の最高気温は34度。あっつい!


 空港から仙台駅へ向かう電車の中で、気付いたことが一つ。
電車の窓から見える家のほとんどは新築だってこと。同じ様式の新築の家屋がずらっと並んでいる。

 地震のせい。

 ここら一体は全て津波にのまれています。
津波の恐ろしさを改めて実感しました。やはり目の当たりにするとドーンと響きます。

 そしてたった2年半でここまで復興しているということに人の力強さを感じます。

 私が読んでいたブログ「名取市閖上復興支援のブログ」(右にリンク貼ってます)の舞台は、ここすぐ近くの閖上というところ。

 書いている方は私より3才くらい下だったと思います、津波で母親と弟を亡くされている。

 その方は地震を機にブログを始め、地震直後の現状・想い・安否情報をほぼ毎日綴っていた。

 そして市の進める復興計画に自分たち若者の声を届けようと市議会議員に立候補し、当選。

 地図で調べたら仙台空港のすぐ北東に閖上浜という地名、1年くらい毎日ブログで見た地名だけに不思議と前からよく知っているみたいな感覚に陥りました。

 今回は時間の都合上、閖上に立ち寄ることは出来ませんでしたが、大阪でも閖上を気にかけている人間はいます、頑張ってくださいと心の中で思うのでありました。

 受け入れる心、負けない心、前を向く心、乗り越える力、私も見習わねば。


 

 …さて。仙台駅到着です。
駅前のホテルに荷物を置き、仙台といえば!

 まずは牛タンでしょう!!

 ということで、蒸溜所に向かう前にお昼ごはんの牛タンを食べに地下鉄に乗りました♪


 と。
ここで一つ大事な説明を。

 私、この日は超ウルトラスーパーめっちゃ運が悪く、右下の親不知のせいで右顎がボッコリと腫れ上がっておりました。プラスずきずきと続く疼痛。

 だけではなく、なんと口がほとんど開かない状態だったのです。頑張って開けて縦1cmくらいの隙間しか開きません。
無理矢理開けようにも開かない。そして激痛

 ここ何日かはまともに食べ物も食べれない状態(主食はヨーグルトとラーメン…)。

 ということは。

 もちろん牛タンなんて硬いもの食べれませんよね…。

 普段は何のアピールもせずに奥歯の影に隠れてるくせに、ここぞという時の大一番で猛烈なアピールをしてくる私の右下親不知くん。

 KYもいいところです。

 もうKYすら懐かしい単語です。

 危険予知ではありません。

 おう親不知、空気読めや。

 腫れ引いたらぜっっっっっっったい抜いたるからな、覚悟しとけよ(●`ε´●)


 …ですが。
 文句を言っても事態は好転しません。
現状の自分にできる最大限のパフォーマンスを発揮するのみです。

 噛む!
顎が砕けようともせめて牛タン一枚は噛む!

 言い過ぎ。
顎が砕けない程度に頑張って牛タン一枚くらい食べられたらな〜くらいの感じです。

 次はいつ来れるかわからないですもんね。


 そう、牛タンです。痛い顎を押さえながら無理矢理牛タンを食べに行ったわけです。

 仙台の牛タン焼き発祥のお店だというところに行きました。

 20130827ブログ

 老舗感盛々の昭和な店内です。

 ところで何故仙台は牛タン焼きで有名なのでしょう?

 終戦直後、仙台の焼鳥屋さんの店主(このお店の初代さんでしょうか)が洋食のタンシチューから発想を得て、それまで日本では食べられることの少なかった牛のタンとテールを使ったメニューを考案したんですって。
(進駐米軍の残したタンとテールを有効活用したとかしないとか、意見は分かれているみたい。)

 で、転勤・単身赴任者らを中心に人気に火がつき一般にも広がっていったようです。

 さらに牛肉の輸入自由化によって、新規参入業者が増えて仙台の牛タン屋密度が増加したんですって。

 実際、仙台駅周辺にはいたるところに牛タン屋はあり、そのほとんどには行列ができています。

 私も仙台とえばまず牛タンが思い浮かびましたもんね。

 ということは、牛タンを焼いて食べるという文化を作り上げたのが仙台だということでしょうか。

 それならばどえらい偉業ですよね!

 だって牛タン美味しいし、今や牛タンがメニューにない焼肉屋さんなんてどこを探してもないですもんね!

 で、もう少し話を広げますと、仙台の牛タンはそのほとんどが外国産のようです。
以前はアメリカ産が主流だったみたいですが、BSE以降(BSE当時は吉野家とかと並んで仙台の牛タン屋さんも大打撃を受けた)は牛タンの安定確保のためにいろんなところから仕入れているみたいですよ。

 ホンジュラス産だったというのも聞いたことあります。ホンジュラスって中南米のカリブ海のあたりの国です。グアテマラの隣。コーヒーとかバナナとか養殖海老とか輸出してる国です。
牛もおるんやってちょっとビックリました( ゚д゚)

 けども、けっこう国産牛のイメージを持ってる方が多いと思います。

 それを裏付けるようなこんなことも。
 東北地震の原発事故時には「地元産と思い込んでいる人が多く、風評被害は大きい」として、東電から仙台牛タンチェーンへ1,000万円を超える損害賠償が支払われています。
間違った思い込みで商売をして(思い込みを正すと来客数が減るのでしょうか)その支払われるはずの金額を賠償…むむむむ…。

 ま、仙台の牛タンはアメリカ産、オーストラリア産が多いみたいです♪ 国産だけじゃ足らないですよね〜。

 なので、別に牛タン自体は他の地域と一緒♪ 

 特別変わりはありません♪ 

 味も特別美味しいわけではありません♪

 しいて言うならば特徴的なのはその仙台牛タンの提供スタイルでしょうか。

 大概は定食スタイル、牛タン自体は一般的な焼肉屋さんで提供されるよりも少し厚切りで切り込みが入っていることが多いです。それに麦飯とテールスープ付。あと牛タンの横にサラダ風に漬物みたいなのがついてきます。

 なので私的には晩ごはんというより、昼ごはんというイメージ。

 で。牛タン焼きの美味しさを左右するのって何だろ?

1、もちろん質
2、包丁の入れ方(厚み、切り込み)
3、焼き加減

 かな?

 で私がここのお店で一番気になったのは3番焼き加減。焼き過ぎです。
好みもありますので私個人的にはということなんですけど。
もうちょい軽めに焼いて欲しかったなあ。厚切りなら余計に。

 だってタンって焼けば焼くほど硬くなるんですもん。

 だって私の顎は超軟弱なんですもん。

 20130827ブログ3

 でやっぱり私、こちらの美味しそうな牛タン定食¥1,300、8割方残しました(T_T)

 ご飯の神様ゴメンナサイ。

 完食できたのはテールスープのみ。食べられた牛タンは1切れのみ。

 うう、切ない。モリモリ食べてた自分が懐かしい…。



 ま、えっか。1切れ食べられたし!

 お土産に顎が復活した自分用の牛タンも買って帰ることを決意した酒井でありました〜。


 ふうう、やっと1日目のお昼ごはんまでお伝え出来ましたね。

 今日はここまで!「仙台訪問記〜ピーチ・地震・牛タン編〜」は終了いたします。

 長々と書いてしまった駄文、読んでいただきありがとうございました!


 「仙台訪問記〜ニッカ宮城峡蒸溜所編〜」は近日公開予定!

 では皆さん、ごきげんよう!(๑´ڡ`๑)



trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード