つまみ過ぎるおつまみ

 こんにちは。
 
 生ハムをつまみたい衝動と毎夜大激闘中な酒井です。

 切るまで待って、切り始めてからも食べれないって…。

 ある意味コレもお仕置きみたいやな(T_T)

 
 さて、少し遅れましたが先日入りました、ロボの新人、生ハムさんの紹介です。

 まず、スペイン産の生ハムは大きく分けると“ハモン・イベリコ”と“ハモン・セラーノ”に分かれるみたいです。
イベリコはみなさん名前は聞いたことがあると思いますが、イベリコ豚で作った生ハムってことです。

 イベリコ豚は、どんぐりをどれだけ食べたかでランク分けされ、どんぐりを食いまくってどーんと太ったイベリコ豚は「ベジョータ」という一番高い称号をもらえます。

 このベジョータはかなりお値段が張ります。西田辺価格に合わないので今回は入荷を見送りました。

 また、中にはやっぱり「んーーあんまりどんぐり好きちゃうねん」といって飼料で育つイベリコさんもいて、イベリコカーストでは最下級に甘んじるわけです。

 ふーーん、そうなんや。イベリコはみんなどんぐり大好きなんかなと思ってたけど食えへんやつもおんねんな〜てな感じで再発見です。

 どんぐり食べないイベリコはただの豚さ…ってね。

 
 さてイベリコ事情はそこそこに。

 今回ロボに入りましたのは、ハモン・セラーノの一種です。

 中でも最高級品と言われる「ハモン・デ・トレベレス」という生ハム。
トレベレスというのは村の名前で、海抜1,750mの高い所にあります。この気候風土が生ハムに素晴らしい熟成を与えてくれるよう。
 19世紀には女王様がここの生ハムに感動しまくって、王家の紋章を商標に使用するのを許可したんだとか。
以来、最高級のハモン・セラーノ産地として知られるようになったとのことです。

 実はこのトレベレスは、イベリコや他のハモン・セラーノよりも塩分が少し控えめなんです。
ですので、あっさりとしながらも2年近くの熟成によるコクも味わえるええ感じの、イベリコに引けをとらない生ハムです。

 皆様ぜひどうぞ♪

 20130718ブログ

 ハモン・デ・トレベレス23ヶ月熟成   ちょいと(一人でおつまみ)  ¥600
                     そこそこ(二人でわけわけ) ¥1,000
                     ごっそり(三人でもぐもぐ) ¥1,500


 

trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード