めずらしくお酒の話 【新入荷70】

 こんにちは。

 少し梅雨らしいお天気になってきましたね。

 ピッチピッチチャップチャップランランラン♪

 な気分の酒井です。毎度です。


 ロボのお隣さんの庭には綺麗な紫陽花が咲いていました。

 20130621ブログ

 うん。

 梅雨らしくてよろしい。

 季節はその季節らしく、様々な顔を見せてくれるほうが嬉しいですね。

 最近は四季のメリハリが少なくなってきている気がして少し不安になる…。

 さてそんな雨も土日は一段落するようです。

 
 あーーーービアガーデン行きたい!!!!


 …。

 本日は新しいウィスキー入荷のご案内です♪

 こちら。 

 20130621ブログ1
ニッカ/シングルカフェグレーン  ¥1,000

 私の大好きな「ニッカウィスキー」の新商品です。
以前は蒸溜所限定販売で飲めたような気がしますが、一般向けに発売することになったんですかね〜。

 さてさて、“カフェ”とはコーヒーのことではありません。
このウィスキーを作っている連続式蒸留器の名前です。カフェ式連続式蒸留器。

 ウィスキーの蒸留機には2種類あります。「単式蒸留機」と「連続式蒸留機」。
 
 簡単に言いますと、単式蒸留機はその名の通り、一度の蒸留で一回蒸溜されます。何度か単式蒸溜を行うことによってアルコール度数を高めます(一般的なウィスキーは2回蒸溜)。その過程で残った残留成分や香味成分がウィスキーの個性となります。原料は大麦を使用。このウィスキーをモルトウィスキーと言います。

 連続式蒸留機は、一度の蒸溜で機械内で何度も連続して蒸溜を行います。
そのために、機械的に大量の高濃度のアルコールを蒸溜することができますが、何度も蒸溜を繰り返すうちに、残留成分・香味成分はほとんど取り除かれ、クリアでスッキリとした酒質のアルコールが出来上がります。原料はグレーン(穀物)、大麦を使用。この連続式蒸留機で出来上がったのがグレーンウィスキーと呼ばれるものです。

 イーニアス・コフィーという人が発明した蒸留機なので「コフィー式連続式蒸留機」と言います。コフィーとカフェはまあちょっとした発音の違いですわな、きっと。人により表記はバラバラです。
私はコフィーの方が好きなのでコフィーと言いますが、ニッカさんはカフェのようなのでそのままカフェでいきます。

 通常は、この方法で作られたグレーンウィスキーはブレンデッドウィスキーのベースとして使われます。
皆さんがよくご存知の「響」や「バランタイン」、「シーバスリーガル」などのブレンデッドウィスキーはこの風味の軽いグレーンウィスキーをベースに、単式蒸留器で作られた個性の強い様々な種類のモルトウィスキーをそれぞれのバランスでブレンドされたものを指します。

 そしてこのカフェ式連続式蒸留機、旧式です、蒸溜効率は悪いようです。
ただ、現在主流となっている連続式蒸溜機はアルコール精製度を高められる反面、香味成分までも除去してしまいます。
一方、旧式で蒸溜効率が劣る「カフェ式連続式蒸溜機」の蒸溜液には原料由来の香りや成分がしっかりと残ります。
ですので、連続式蒸留機ながらしっかりと味わいのあるグレーンウィスキーが出来上がるんですって。

 ここでやっと登場するのが今回新入荷した「カフェグレーン」。
そのカフェ式連続式蒸留機で蒸溜されたグレーンウィスキーのみを瓶詰めしたものです。

 グレーンウィスキーのみで商品化されることは少ない(モルトウィスキーに比べて個性が弱いので商品化しにくいんでしょうか)のですが、“カフェ式連続式蒸留機でつくったうちのグレーンは美味いでっせ!飲んでみてくなはれ”ということなんでしょうね〜。



 …で美味いんですよ、やっぱり。

 爽やかな飲み口と、蜂蜜やチョコレートのような優しい甘味が上手く融合されているんですよね〜。

 オススメですよ、是非♪


 いやいや、久しぶりにほんの少し真面目な話をしたので落ち着きませんね♪

 
 皆様、いつも訪問有難う御座います。
1年のうちのたった1ヶ月ほどの梅雨です、このジメジメ感も楽しんでいきましょう♪
そしてご近所さんに咲いている紫陽花を愛でましょう♪



trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード