諸行無常 【沢登り】

 こんにちは。

 ええ天気ですな~♪

 最近は、昼間店内で作業をしている時に限って晴れることにちょっとムッとしている酒井です。

 今から仕事放棄して長居公園に読書に行こうかという誘惑と脳内で激闘中…。


 さてさて本日は、山話。

 ちょっと前ですが、9月始めのあの奈良と和歌山に猛烈な雨を降らせた台風12号(数字あってるかな…?)の2、3日後の沢登りのお話。

 林道が崩れまくっている大峰・台高方面は避けて、鈴鹿の名渓「元越谷」へ。

 20110906鈴鹿元腰谷:

 入渓地点までの林道歩き。一昨日の台風12号のおかげでグズグズです。そこら中水があふれ出てきている。大丈夫なんだろうか?

 20110906鈴鹿・元腰谷:ええ天気1

 …ただし、お天気は最高♪ 

 台風の後だから空が澄んでいてキレイ♪ これならバシャバシャ水遊びできそうやねっ!

 20110906鈴鹿・元腰谷:水が…

 水がエメラルドグリーンでとても綺麗な谷だと記録には載っていたが、やはり台風の影響(そりゃそうだ、一昨日まであの豪雨だったんだから)で、水量が多く濁っている。ザ・濁流。

 20110906鈴鹿・元腰谷:ジャーンプ

 とりあえず初っ端のここで、ちょっと飛び込んでお遊び♪

 20110906鈴鹿・元腰谷:ドバドバ

 ドバドバ流れる元越大滝。記録で見る大滝の画像よりも遥かに水量が多い。

 20110906鈴鹿・元腰谷:ええ天気2

 大滝と空。嬉しいのは相変わらず天気がいいこと。

 20110906鈴鹿・元腰谷:探検だい

 こんな感じで腰まで水に浸かりながら。
 
 20110906鈴鹿・元腰谷:へつって

 20110906鈴鹿・元腰谷:へつってへつって

 20110906鈴鹿・元腰谷:またへつって

 濁流に落ちないように、岩にへばりつきながら、登っていきます。流れが凄いのでけっこう恐怖心がありました。

 いやそれにしても、今回初沢登りだというN氏がえ??初めてなの?ってくらい普通に登りはります。
達者なお人だ。

 20110906鈴鹿・元腰谷:流れと木々と空と

 途中休憩の時の一枚。私はこのアングルが大好き。

 開けた空から見える青と、両岸から生い茂る緑、そして沢の流れ。まるで絵のようです♪

 20110906鈴鹿・元腰谷:源頭部

 源流に近付いてきた。やっぱりこの空間も大好き。

 20110906鈴鹿・元腰谷:富山ブラック

 今日の昼ご飯は最近お気に入りの富山ブラック。

 20110906鈴鹿・元腰谷:きのこ

 お菓子のきのこの山かと思うほどきのこの山風のキノコ。

 20110906鈴鹿・元腰谷:天気いいね

 詰めあがった登山道から拝む伊勢湾。

 何回言うても飽きないくらいのええ天気。いや~ええ天気やな~♪

 
 …今回の元越谷は、いつもの渓相とは全然違ったのであろう。
 
 それはそれで、濁流に落ちるか落ちないかのギリギリのへつりが楽しめたので良かったんですが、やっぱりどの記録を見ても書いてある“小規模ながら出色の美渓”だという普段の姿も見てみたい。

 というよりも元に戻るのだろうか。

 今この報告を書いている10月半ば現在でも、奈良の谷はまだまだ相当なダメージを残している。林道もまだまだ崩れたままのところが多い。川上村役場手前の道路なんて見たことのない規模で崩落していた。迂回路の対岸からその姿をまざまざと見せつけられる。
 
 土砂崩れの規模に恐怖を覚えたのは初めてだった。
 
 加えて先日の大塔の土砂ダム越流のニュース。

 人の力の無力さを思い知らされる。というよりも元々我々の力なんてごく小さなものなのであって、思い上がっていただけなのだと痛感する。

 地震も然り。

 征服や抑制を考えているうちは人類は自然に対して、同じような被害を被り続けるのではないだろうか。
起こって当然のこと、それとどう共存していくか。の道を探るほうがいいんじゃないだろうか。

 と考えてしまわざるを得ない今日この頃。

 山は無言でそこにあるだけですが、その中に飛び込む私はいつもいろんなことを感じるのであります。


 
 
 訂正:
 記事中の画像のタイトルですが、谷の名前の漢字。“腰”ではなく、“越”が正解。間違えました。
 
 もうひとつ。
 9/29掲載のうつろ谷の記事。
 これまた画像のタイトルに間違いが。山域は“鈴鹿”ではなく“若狭”です。すみません。


trackback

comment

信じられ~ん!
 先の土曜日にO西さんに誘われて行ってきました。
 美渓、美渓。 短いけどホントに遊んで楽しんできました。
 暑い時期ならではで、泳ぎあり、へつりあり。へつりが失敗してもドボンで済む所が多いので、ある意味安心。
 でも、上の写真を見てオドロキです。こんな中を行ったんですか。 ドボンしたら流されるやん。 コワーッ
  • 2013-06-17│00:15 |
  • S.Nom URL│
  • [edit]
S.Nomさんへ
 お久しぶりですv-410

 2年近く前の記録ですが読んでいただいたのですね♪

「絵馬小屋谷」
 五ヶ所滝の大迫力に圧倒されっぱなしでした…。
沢中泊また行きたいですね、あの真っ暗の中で焚き火を肴に飲む酒がもう最高♪

「元越谷」
 そんなに難しいへつりはなかったと思うんですが、確かに水流が凄くてドボンしたらそのまま流されそうでけっこう怖かったのを覚えています。
僕が行った時はもうほんとに濁流だったので、噂通りの美渓の時にまた行きたいです〜。

 最近は仕事の休みが取れなくて、1年以上沢には行けていません(T_T)
何とか休みを取れるように画策中です…。
またタイミングが合いましたら同行して下さい!!

                      酒井
  • 2013-06-18│19:50 |
  • 1lobo URL│
  • [edit]

コメントする

Secret


プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード