少し過熱気味ではないだろうかとちょっと心配になってきました

 こんばんは。

 そろそろお鍋が恋しくなってきた酒井です、毎度です。

 僕の中でのお鍋のスタンダードは水炊き、関西の水炊きです。
さっとポン酢を付けて食べるえのきや白菜がたまりませんね♫(*´∀`*)


 さて。

 本日は、最近何かと話題の多いウィスキー業界からのちょとしたニュースをご紹介です。

 僕的にはめっちゃびっくりニュースです。

 こちら。

 「東亜酒造がウイスキー事業再開 ゴールデンホース “武蔵”、“武州” を発表」

 東亜酒造というとちょっと聞き慣れない会社名かもしれませんが、イチローズモルトというとご存じの方も多いと思います。
東亜酒造は、そのイチローズモルトの前身ともいえる会社。
かつてイチローズモルトの肥土伊知郎社長の祖父が経営していた東亜酒造は、経営不振により他の酒造メーカーに事業譲渡してしまいます。
その時に東亜酒造が所有していた羽生蒸溜所のウィスキー原酒を肥土氏が買い取ってイチローズモルトが誕生したのです。
その後、東亜酒造のウィスキー部門閉鎖により羽生蒸溜所は解体されてしまいます。


 で。


 先日11月11日。

 ポッキーの日。




 なんと。


 この東亜酒造からウイスキー事業に再度参入する旨の発表があったのです!!(*°∀°)

 それに伴い、休売していたかつての主要ブランド「ゴールデンホース」2銘柄の販売が開始されました。

 ピュアモルトタイプの“武蔵”と、ブレンデッドタイプの“武州”です。

 20161130ブログ
 ※詳細はこちらの東亜酒造ホームページを→http://www.toashuzo.com/lineup/whisky/#golden_horse_musashi


 …ここでふと疑問。


 ん??このゴールデンホース、どこで作った原酒??
かつてのゴールデンホースを生み出していた羽生蒸溜所はもうこの世には存在しません。



 …てことは。

 
 そです。



 原酒の輸入です。

 スコットランドから原酒を買い付け、ブレンドし販売するようです。

 そしてウィスキー販売が軌道に乗れば、ゆくゆくは自社の蒸留設備を再建設したい…とのこと。

 かつて羽生蒸溜所で腕をふるった職人達もまだ在職しているようですし、復活が楽しみです♫

 それまでは、この新生“ゴールデンホース”を皆で楽しんでおきましょう〜ヽ(^o^)丿


 以上、本日は東亜酒造のウィスキー販売再開のニュースでした〜。



ぶい〜んと振動を与えます♫

 こんばんは。

 明日は大阪マラソンの受付をしにインテックス大阪まで行く酒井です、毎度です。
いよいよ明々後日まで迫ってきました。

 ドキドキします〜〜(*´艸`*)

 地元大阪を楽しんで走れたらなと思います♫

 
 さて、本日はちょっと面白そうなお酒関連ニュースのご紹介です。

 クラウドファウンディングサイト“makuake”(→https://www.makuake.com/)で面白そうな商品を見つけました。

 こちら。

 20161027ブログ

 「20分でまるでヴィンテージワイン!?超音波でワインを熟成するソニック・デキャンタ」なるものです。

 説明によると。
「ソニック・デキャンタは2014年にアメリカで開発が発表され瞬く間にワイン通の話題となった機器。特許技術である超音波によって、若いワインでも、熟成したヴィンテージのような味と香りを数分で実現します。もう、何年も待つ必要はありません。」とのこと。

 詳しい説明はこちらのページの解説をお読みください。
https://www.makuake.com/project/sonicdecanter/

 簡単に説明しますと。

 超音波とは、極々細かな振動を与えるということ。

 その非常に細かな振動の効果で酸素を抜き、味と香りを引き立てるらしいです。

 また、細かな振動を与えるということは、含まれる分子が均等に拡散されるということで、おそらくウィスキーやその他の酒の角を取り、まろやかな味になるという効果もありそうです。
実際そのように解説にも書いてあります。

 焼酎の前割りも方法は違えど同じ理論。
前割りは一晩もしくは数日、水割りの状態で置いておくことによって焼酎分子と水分子を均一に拡散させ、焼酎と水の一体化を促し味をまろやかにする方法です。実際にその場で作る焼酎の水割りとは断然違います。

 対して超音波はその振動により分子を均一に拡散させます。しかも前割りよりもずっと短時間で。

 この“短時間で”というのが超音波のメリットです。

 今でもありますが、ギネスビールを超音波の微細振動で泡立てるというマシンが10年以上前くらいからあったのを思い出しました。
ってことを考えると、別段このソニックデキャンタがお酒に超音波を利用する先駆けの新発明というワケではなさそうですが、超音波効果をワインに応用し、家庭用にコンパクトなマシンに仕上げたのはこのソニックデキャンタが最初かもしれません。

 動画解説です。

 

 目標金額100万円のところをすでに600万円近くまで集めているところを見ると、皆の関心の高さが伺えますね。あと24時間ほど受け付けているようです。


 ここで。 

 このマシンが大人のおもちゃとして興味を引かれるのは確かですが。

 少し気になるのは、お酒のロマンも奪ってしまうんじゃないかということ。

 超音波のメリットがデメリットも含んでいるような気がしてならないのです。

 ワインのヴィンテージ品には、手に入れにくさや価格、できるまでの時間、飲むための準備の時間、すべてを含めてその価値だと思うのです。科学の力でそれを全て省略し、安物のワインが短時間でヴィンテージワインの味に変化したとして、味わうことのできる感動は同じなのでしょうか。

 ウィスキーも。
熟成の時間とは単なる待ち時間ではないのです、想いを馳せている時間なのです。
想いを馳せる時間が長ければ長いほど、出会えた時の感動が大きいのではないでしょうか。

 例えば、キャンプ場に行って灯油で発電機を動かして快適に過ごしたとして、果たしてキャンプとしての満足感は得られるのでしょうか(-.-)

 進歩した技術を敢えて使わずに、時間というロマンを楽しむ。それこそが大人のお酒の楽しみ方なんじゃないかなーなんて偉そうなことを思ってしまったりするのでした(~_~;)

 それとも、そんな考えは古臭い時代遅れの考えなのかな〜…。

 皆さんはどう思われますでしょうか??(^_^)


 ま。

 これでいろんな液体に振動を与えてみたいという願望は大いにあります!!(´ε` )

 醤油とかまろやかになるのかな〜?とか!\(^o^)/

 メントスコーラをこのマシンにかけながらやったらエライことになるんじゃないかな〜?とか!\(^o^)/

 バカみたいな使い方のほうが楽しめたりして(*´艸`*)

 



そんなに忙しいのね…(=o=;)

 こんにちは。

 秋のフルーツがどんどん登場してきましたね。
新しいフレッシュフルーツカクテルを考案中の酒井です、毎度です♫

 出来上がり次第ご紹介していきますので、皆様お楽しみに〜( ´∀`)b!


 さて本日はちょっとした酒類業界ニュースのご紹介です。

 当ブログでも何度も言及しているので皆様ももうご存知だと思いますが。
ここ数年は空前の世界的なウィスキーブームが巻き起こっております。ウィスキーの販売量はどんどん増え、値段もぐんぐん上がり、世界各国で(当然日本を含めです)雨後の竹の子のように新しい蒸溜所が建設されています。

 もちろんそれはバーボンウィスキーの国アメリカも例外ではありません。
蒸留酒協議会によると、世界のバーボン売上高は2010年から2015年の間に52%増加したらしいです。
たった5年で1.5倍に膨れ上がるほどの急成長です。スゴイですね!(゜o゜;

 そして、それはこんなところにも影響が出たようです。

 20161020ブログ
 <引用記事→http://jp.wsj.com/articles/SB12188716230581874349104582384770861568132

 2年前の2014年に、サントリーがアメリカの蒸留酒メーカー最大手のビーム社を1兆6000億円という巨額で買収したのはまだ記憶に新しいですが、その合併後のビームサントリーの2工場で今月14日からストライキが行われているようです。

 理由は。
 爆発的に増えているバーボン販売量に伴い工場従業員の勤務時間も増え続け、休みがなかったり勤務時間が週80時間にもなり、改善の見込みがないから。

 会社側と労働組合側で、一度話し合いの場が持たれたようですが決裂、現在もまだストライキは継続中のようです。


 
 …う〜ん。

 たしかにちょっと働きすぎ…(・_・)

 週80時間て休み無しでも一日12時間です。
 土日休んだら他の平日は16時間労働ですよ。土日迎える前に倒れるレベルです。

 もちょっと従業員に優しくしてあげて下さ〜〜い(´・ω・`)

 じゃないと。

 
 今は在庫分で出荷に問題はないようですが、ストが長引けばビーム社製バーボンが品薄になってしまうじゃないですか!(,,゚Д゚)

 
 そりゃ困る!


 ってことで早期解決できたらいいですね♫

 美味しいバーボンソーダがいつでも飲めるようにお願いしますっ!

 

 ちょっと気になったニュースのご紹介でした〜(^_^)

 
 皆様、本日も当ブロブに訪問有り難う御座います。
気温の変化が激しいですが、体調を崩されませんようお気をつけくださいませm(_ _)m



2019年は国産ウィスキーの誕生ラッシュです♫

 こんにちは。 

 興味本位で「HARUKAS SKYRUN」(→http://japan-verticalrun.jp/)にエントリーしてみた酒井です。毎度です。

 コンクリートに囲まれた非常階段60階分をただひたすら一人で上る…、はたして楽しいのでしょうか?(~_~;)
やってみないとわかりませんよね〜(*´艸`*)

 12月11日頑張ってきます♫


 さて。

 本日はウィスキー関連のニュースの紹です(^_^)

 以前より当ブログでもお伝えしておりました、本坊酒造のマルス津貫蒸溜所のオープン日がとうとう決定したようです♫

 20160916ブログ2
 
 先日にはポットスティルの搬入作業も無事終了し、オープンへ向けての準備もいよいよ最終段階に入っているようです♫

 蒸溜所横には、本坊酒造の二代目社長が暮らしたという旧邸を改装したゲストハウス(マルスウィスキーを味わえるBARやオリジナルグッズと酒類を販売するSHOPが入っているらしい)まであるという!!

 20160916ブログ1

 むふふ、なんとも楽しみです♫
今から、いつ見学に行こうかワクワクしております(^_^)

 津貫のウィスキーが飲めるのは3年後!皆様のんびりとお待ち下さい〜。




いろんな所からお宝ウィスキーがざくざくと…(^_^)

 おはようございます!

 年末に開催される「ハルカススカイラン」(→http://japan-verticalrun.jp/)に出場しようかどうか迷っている酒井です、毎度です♫

 ちょっと興味あります、遊びででてみようかな〜(*´艸`*)


 さてさて本日は。

 興味深いウィスキーニュースをご紹介いたします。 

 最近は、全国各地で新しい蒸溜所が建設されたりオープンしたりと活況を呈している我が国のウィスキー市場ですが、なんと最南端の沖縄県からこんなウィスキーリリースの情報が飛び込んできました(^_^)

 「沖縄産の15年物ウイスキー原酒、限定販売 ローソンできょう予約開始」
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60814

 20160908ブログ
 暦15年

 原酒が貯蔵されていたのは名護市のヘリオス酒造。
現在は、泡盛やビールなどを製造していますが、以前はウイスキーも作っていたようです。ブームが下火になったときに製造をやめ、原酒は2001年以降貯蔵されたままに。
そして最近のウイスキー人気を受けて今年からウィスキーの製造を再開、熟成庫に眠っていた15年もののウィスキーをまずは11月に販売ということになったようです。

 沖縄の温暖な気候の中で15年間もの長期間熟成されたとなると、かなり樽の風味の強いウィスキーなのではないかと予想されます。発売元のコメントを読むと、ほんのりピートの風味もあるのだとか。
どんなお味か興味津々です( ̄▽ ̄)

 全国のローソン限定200本の予約販売。

 こりゃいかん!急がねば!!!

 ということで、ニュースを聞いてすぐにローソンに飛び込みましたが時すでに遅し。

 すでに売り切れておりました(T . T)

 そうですよね〜、全国に12000店以上あるローソンで200本限定て…。

 そりゃ数秒で売り切れるわな…。

 残念!!!(´;ω;`)

 飲んでみたいな〜。どこかで飲めないかな〜。

 皆さんも見かけたら是非飲んでみてください♫

 そして飲める場所と飲んだ感想を教えて下さい(´ε` )





プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード