ラベルの猫のイラストから連想する味のイメージと、実際の味は少し違いました(*´∀`)【新入荷201】

 こんにちは。

 そろそろしっかりとした防寒着が必要な季節になってきましたね(^_^)
今更ながら、ダウンジャケットを慌ててクリーニングに出した酒井です、毎度です。

 昨シーズンの終わりに、クリーニングに出さずにそのまましまいこんでしまってました(^_^;)

 出来上がるまではペラペラのナイロンジャケットで乗り切ります(`・ω・´)ゞ笑


 さて。

 本日は新入荷ウィスキーのご案内です。

 こちら。

 20171117ブログ

 ✦ザ・ラッキーキャット ミント  ¥800
 信州マルス蒸留所の新限定商品。
「The Lucky Cat 」は、個性豊かな猫達をモチーフに、マルスウイスキーのブレンド技術を駆使して作られるブレンデッドウイスキーのシリーズ。
 第三弾は社長の愛猫“ミント”がモチーフ。蜂蜜やバニラを想わせる甘い香りとドライでウッディ―な口当たりと、爽やかな余韻を楽しめる味わいに仕上がっています。3830本限定。ソーダで割ると、ふんわり優しいハイボールが出来上がりますよ(^_^)

 皆様是非お試しを〜♫

 
 本日も当ブログに訪問有り難う御座います。
急に冷え込んでまいりましたが、体調を崩されぬようお気をつけくださいませm(_ _)m


季の美限定品、入荷致しました♫【新入荷200】

 こんにちは。

 昨日は滋賀県栗東市の金勝アルプスにトレランに行ってきた酒井です、毎度です。
様々な巨岩・奇岩が点在し、琵琶湖の眺望も楽しめて、見どころがたくさんあるとても楽しいトレイルでした♫
多くのハイカーさん達ともすれ違い、人気があるのも頷けます(^_^)

 また後日、詳しくご紹介致します〜。

 
 さて、本日は新入荷ジンのご案内です。

 こちらの2種類。

 20171113ブログ

 国産高級クラフトジンの先駆け的存在で、今や世界中から注目を集める「季の美」から、また新しく限定商品が発売されました。

 能のラベルのインパクトがでか過ぎて、夜中に見たらちょっと怖いです…笑笑

 <左から>
 ✦季の美 能   ¥1,200
 三越伊勢丹限定販売品。海外のウィスキーオークションで長期熟成品が1,000万円以上の値が付いた!!??Σ(゚∀゚ノ)ノこともある、今は無き、希少なウィスキー「軽井沢」のシェリー樽で熟成された珍しいジン。
浸漬するハーブ・スパイス類の配合を変え、樽の風味とのハーモニーを重視したレシピとなっています。
ウィスキー好きの方にも楽しんでいただけます。オススメです〜♫

 ✦季の美 千の鈴  ¥1,000
 東京の酒屋さん「信濃屋」のネットショップ10周年を記念して造られた限定ボトル。
有名バーテンダーの協力を得て、 洋酒研究家の大西氏と共に開発され、最高のジントニックを目指して調合されたそうです。
最高のジントニックを作るために作られた限定ジン、是非ジントニックでお楽しみ下さい(^_^)

 以上2本です。

 皆様是非お試しを〜(≧∇≦)/


アメリカ西海岸から2種類入荷♫【新入荷199】

 こんにちは。

 最近、自分のiphoneの電池の減りが異様に早くなってきた酒井です、毎度です。
まだ今の機種に変えてから、まだ1年ちょっとしか経っていないはずなんですが…。

 モバイルバッテリーが手放せません(¯―¯٥)

 解決策をご存知の方、教えてください〜( TДT)

 
 さて。

 西田辺まちバルも無事終わり、ようやくいつもの日常が戻ってまいりましたので、新入荷商品のご案内です。

 こちらの2種類。

 20171030ブログ2

 ✦スペースフルーツシトラスIPA
 アメリカクラフトビールのメッカ、“ポートランド”の小さな醸造所「COALITION BREWING」のインディアペールエール。
オレンジ、ライム、レモン、グレープフルーツといった柑橘類のピールで香り付けされ、ホップの苦味とフルーティなシトラスフレーバーのバランスが秀逸!!秋のオススメIPAでございます(*´艸`*)

 20171030ブログ1
 
 ✦リバイバル ハードアップル
 オレゴン州とワシントン州で育ったフレッシュなリンゴジュースに、メキシコの赤砂糖「ピロンチージョ」と、オレゴン産カスケードホップを加え、ビール酵母で醗酵。
甘みと酸味のバランスが非常に良くとれたシードル(りんごの発泡酒)です。スッキリ爽やかな梅酒の様な味わいは1杯目にピッタリ♫

 以上、最近流行のアメリカ西海岸から2種類のクラフト醸造酒をご案内いたしました(*^^*)

 皆様是非お試しを〜♫



オーストラリアのウィスキー【新入荷198】

 こんにちは。

 日常自炊する料理のレパートリーが余りにも貧弱で、ちょっと食傷気味な酒井です、毎度です(^_^;)

 よくよく考えると、納豆と人参とブロッコリーと卵とトマトしかほとんど食べていません。そしてたまにきのこ類とかつおのたたき。
大した根拠はないんですが、栄養がありそうやな〜ということでそればっかり食べています笑
そのかわり、外食の時は好きなものを好きなだけ食べています(≧∇≦)/

 皆様。
 栄養があって、味が濃いけど塩分は濃くなくて、美味しくて、できればお肉系で、栄養価が高くて、できれば安くて笑、見た目にもテンションの上がる、食べ飽きしないスーパーフードは知りませんか??(゚∀゚)

 ないか笑


 さて。

 本日は新入荷ウィスキーのご案内です。

 先日、スタッフの加藤がオーストラリアへ旅行へ行った時に仕入れてきてくれたオーストラリアのウィスキーです。

 ここで、入荷したオーストラリアウィスキーの説明の前に、少しオーストラリアのウィスキー事情をご紹介致します。

 実は、オーストラリア国民は世界一のウィスキー好きのようで、人口一人当たりのウィスキー消費量はここ100年以上の間世界一となっているようです。
現在もオーストラリア国内で消費される蒸留酒全体のほぼ半分はウィスキーだそう。

 ではどんなウィスキーを飲んでいるのかというと、1940年後半まではその消費量の85%を国産ウィスキーが占めていたそうですが、1960年代にはブレンデッドスコッチが80%と取って代わり、現在では60%がバーボンとその消費の内容は大きく様変わりしているようです。

 国産ウィスキーが衰退した原因は高い値段と流通範囲の狭さだとか。
逆に近年バーボンが大きくシェアを伸ばしたのは、あの“コーラ”と“RTD”によるところが大きいようです。

 現在のオーストラリアでの、バーボン消費量の75%はコーラ割りで飲まれていて、そのコーラ割り人気を支えているのが“RTD”。

 RTDとは「Ready To Drink」の略、すなわちすぐに飲める缶やボトル入りの飲料のことを指します。

 現に。
加藤がオーストラリアの酒屋さんの写真をたくさん送ってきてくれたのですが、その酒棚にはこれでもかと言うほどのウィスキーやホワイトスピリッツのコーラ割りの缶が並んでいました。

 20171005ブログ1
 20171005ブログ2
 20171005ブログ3

「お前らどんだけコーラ好きやねん!!∠( ゚д゚)/」

 …って、見た人ほぼ全ての人がツッコんでしまうと思います笑

 ってなことで、「コーラ」と「RTD」というアメリカンな2つの強敵の出現で、近年はそのシェアを0.2%!!Σ(゚∀゚ノ)ノにまで下げてしまったオーストラリアの国産ウィスキーですが、最近のウィスキーブームによりまたその勢いを少しづつ取り戻しつつあるようです。

 現在では多くのマイクロディスティラリーが出来、約50社でウィスキーが生産され、スコットランド・アイルランド・日本のようなモルトウイスキーやグレーンウイスキーと、アメリカのようなバーボンやライウィスキー、その両方がオーストラリアでは作られているようです。

 オーストラリアンウィスキーは、マイクロディスティラリーの多さ故、ウィスキー作りの実経験の乏しいところが多いようです。いわば試行錯誤の繰り返し。

 裏を返せば、ユニークなウィスキーが生まれやすいということになります。

 また、モルト・グレーンウィスキータイプとバーボン・ライウィスキータイプの両方が作られ、原料の種類も豊富で、オーストラリア固有の穀物も試験使用されたり、西オーストラリアや、タスマニア産のピートを使用したり、ユーカリ材でスモークしたりと、多彩な試みが積極的になされています。
 
 さらに、オーストラリアの法律では樽に関する規定がないようなので、これまたサイズや樽材などは様々なものが使用されているらしい。

 さらにさらに、オーストラリアはその気温の高さ故に世界で初めてウィスキーの最低熟成期間を2年と定めて国でもあります。

 これらの様々な要因から、オーストラリアのウィスキーにはその一つ一つがユニークな存在で、そのバラエティ豊かな個性を味わう楽しみがあるそうです(^_^)

 将来が楽しみな国ですね♫


 …てことで。

 前置きが長くなりましたが、入荷しました2種類のウィスキーのご案内です。
どちらも日本には未入荷のウィスキーですので、なくなればもう入荷はありません。皆様お早めにお試し下さい。

 こちら。

 20171005ブログ4

 <左から>
 ✦タイガーズネーク 43%  ¥1,300
 西オーストラリアで地元産の原料使用にこだわるグレートサザンディスティリングカンパニーで、サワーマッシュ製法を用いられて作られたウィスキー。サワーマッシュ製法とはバーボンウィスキーを作る時に用いられる伝統的な製法。
 口当たりの良いクリーミーな飲み口で、シリアルのような香ばしさと、バニラ風味の甘くスパイシーなフレーバー。
 ちなみに、タイガースネークとは蒸溜所近くに生息する毒蛇の名前だそうです(゚∀゚)

 ✦スターワード ワインカスク 41%  ¥1,000
 オーストラリア東部メルボルンにあるスターワード蒸溜所で作られたシングルモルトウィスキー。
ワイン樽熟成ということで、カラメルのような甘い香り、ドライフルーツのような熟成感のあるフルーティさ、少しのタンニンのような苦味と酸味が感じられるウィスキー。ラベルの星空が印象的ですね(^_^)

 以上2本です。

 皆様是非お試しを〜♫



蒸溜所限定販売です♫【新入荷197】

 こんにちは。

 今週末はBBQ予定な酒井です、毎度です(^_^)
昼間も涼しくなり、虫もいなくなり、秋はBBQに最適な時期ですね!!(≧∇≦)/

 何を焼こうか毎日悩んでいます笑

 炭火焼きとウィスキーの相性もバッチリなので楽しみです〜♫


 さて。

 本日は新入荷ウィスキーのお知らせです。

 こちら。

 20170927ブログ

 ✦ニッカウィスキー 仙台工場 宮城峡蒸溜所限定ウィスキー 3種 55%  各¥1,200
 左から。「フルーティ&リッチ」、「モルティ&ソフト」、「シェリー&スウィート」となっております。
熟成原酒を、味わいの違いで分けてボトリングした、蒸溜所だけでの限定販売ウィスキーです。

「フルーティ&リッチ」は、ウィスキーの持つフルーティな香りや口の中で広がる華やかさ、豊かなコクがよく感じられる原酒をボトリングしています。
「モルティ&ソフト」は、麦由来の甘さや香ばしさ、上質なパンを食べているかのような柔らかな穀物の風味がよく味わえる原酒をボトリングしています。
「シェリー&スウィート」は、スペインのワイン“シェリー”の空樽で熟成させることによって、芳醇で奥行きのあるコクや、甘さ、渋みなどが表現され、どっしりフルボディな風味が味わえる原酒をボトリングしています。

 蒸溜所に行かなければ買えません(^_^)
先日、行かれたお客様に買ってきていただきました♫有難う御座います!!!

 皆様是非お試しを〜(≧∇≦)/




プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード