第11回京都マウントチョップ〜♫

 こんにちは。

 『BAR LOBO19周年感謝フェア』にご来店いただいた皆様、有難う御座いました!
たくさんのお客様に参加いただき大盛況の中、フェアを終了することが出来ました(*^▽^*)

 昨日より、「BAR LOBO」は20年目に突入しています。
これからも地域の名酒場としてより良い空間を提供するために頑張ってまいりますので、皆様どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


 さて。

 本日は、店主の趣味であるトレイルランニングのお話を少し。
先日参加しましたトレランレース、『Kyoto Mount Chop』のお話です。

 では早速。

 と。

 まずは最近頻繁に開催されるようになったこのトレイルランニングというイベント自体の説明を少し。

 トレイルランニングは、その名の通り“トレイル(山道、広くは未舗装路のことを言います)”を“ランニング(走る)”する遊び(競技)で、ハイキングの方が使用する一般の登山道をメインに、林道や一般道路も混ぜたコースで行われます。
個人で楽しむ場合はコースは自由、また大会の場合は主催者側でのコース設定があります。

 ま、山を走る遊びですね♫

 略して「トレラン」と呼んだりもします。

 そして、登山ブームとランニングブームの相乗効果か、トレイルランニング人口はここ10年ほどで20倍以上と爆発的に増加しています。
それに伴って、トレイルランニングのイベント(大会、レース、楽しむ会)が日本各地で次々と新しく開催されるようになりました。

 このトレイルランニングイベントをタイプに分けると大きく2つに分かれます。

 ①“商業的”イベントと、
 ②“皆で遊ぼう的手作り”イベントです。

 前者である①は、こういったスポーツイベントを手掛ける企業が主催、または関与し、プロのトレイルランナーがプロデューサーとして招かれ、千人を超える参加者がいるのも珍しくないなど規模も大きく運営もしっかりと行われ、タイムもきっちりと計測され、営利もしっかりと考慮されるので参加料も高い(1万円~2万円ほど)です。
 より大きな大会への参加資格となる記録会やレースの成績に応じたポイント獲得などといった側面も兼ねているので、競技志向の強い参加者が多く、レベルも高いです。中には国際大会として海外からの招待選手が出場したりする世界レベルの大会もあります。

 また②の後者は、地元の山遊びが大好きな仲間たちがそもそも自分たちが遊ぶために開催していたイベントが、参加したいという人が増え徐々に大きくなっていったような形。
ほぼ全ての運営を地元山仲間のボランティアでまかなわれ、運営は良い意味で適当で、規模は大きくても2~300人ほど、小さければ数十人くらいで、タイムは自己申告だったり笑
自分たちが遊ぶためにしているのでなんだかパーティや仲間内の飲み会のようなワイワイと楽しげな雰囲気で、参加料も安いです。
 “競技”というよりも“皆で山を楽しもう♫”という空気感の方が強くほんとに「遊んでいる」という雰囲気です。
走った後の打ち上げがメインイベントと主催者が言い切るトレランイベントもあります笑

 そして③としまして、最近はこの2つのタイプの中間的なものも多くなってきました。

 それは、地域振興の為に開催されるという場合。

 こちらは地域の自治体が主催し、コンサルタント的な形で企業やプロデューサーが関与し、開催するという形。
この場合、町の住民の方々の温かいおもてなしがあり、レース中の休憩所では地域のお母様方手作りのおにぎりや味噌汁等が提供されたり、ゴール後には地元の名物料理が振る舞われたり、前夜祭が地域公民館で行われ参加者や住民の方々とのふれあいがあったりします。
 企画はそこそこしっかりとされていて規模も大小様々ですが、運営自体は地元のおっちゃんおばちゃんがメインなので、おもてなしの心がすごく感じられ、なによりもそのアットホームな雰囲気にメチャクチャほっこりします(^_^) 
地域振興のイベントで大きな利益を出す必要はないので、参加料は①より少し安いくらいでしょうか。

 トレイルランニングという遊びの性質上、田舎の山々がその舞台になるということと。
地元を盛り上げたい地方の自治体の思いとがちょうど合致しているのでしょうね。近年は様々な地域でこの③的なトレランイベントが多く開催されています。


 で。

 少し話がそれましたね…笑

 今回出場した京都マウントチョップのお話です。

 大会ロゴ。

 20180409ブログ

 このイベントはその名の通り、京都の山々をコースにして行われる(コースは毎回変わります)トレランイベントで年に2回、春と秋に開催されます。

 前述のタイプで分けますと、②の皆で遊ぼうぜ!!的イベントになります。

 そのため参加費も安い(3500円)。
そして参加自由の大規模な打ち上げがあります(150人位の大人数で居酒屋さんで行われます)♫笑

 そしてこの大会の特徴は“トリオ”という参加カテゴリーが盛り上がっていること。
トリオとはその名の通り3人一組で出場し、レース中も3人一組での行動が求められる出場形式です。

 仲間3人で常に行動を共にすることによって、レース中の苦しみや絶景での感動を共有することが出来るという素晴らしい参加形式なんです(*^▽^*)

 毎回このトリオ参加は抽選になるほどの大人気カテゴリーで、トレイルランナー内では“京都マウントチョップ”と言えば“トリオ”!というイメージだそうです♪

 20180409ブログ1

 集合場所の北白川児童公園。たくさんのトレイルランナーたちが集まってきています。

 この大会は、大会名やロゴから想像できるんですが、運営の方たちはきっとプロレスが好きなんでしょう笑

 スタート前の挨拶のときに、こんなマスクマンたちが突如乱入しての寸劇が行われます(*^▽^*)(→ホセマロ軍団というらしいです笑)

 20180409ブログ2

 そして皆でスタート前に、「きょうとーまうんとーちょーーーっっぷ!!」と叫びながらチョップをして気合を入れます。

 20180409ブログ3

 このイベントは今まで何回か参加していますが、これが毎回お決まりのスタート前の流れ(*´艸`*)

 そしていよいよスタートです。

 20180409ブログ20

 今までいろんなトレイルランニングの大会に参加していますが、毎回このスタートの瞬間はテンションがマックスに盛り上がる最高の時間の一つです♪

 さてここから39kmの旅の始まり始まり〜\(^o^)/

 最初は市街地の公園をスタートしたこのレースも、程なくトレイルに入っていきます。

 20180409ブログ4

 どんな大会もそうですが、スタート直後は大渋滞(^_^;)
なかなか自分のペースでは進めません。

 この日は天気も良く、絶好のトレラン日和(*´艸`*)

 山の中ではこんな遊びをしている人達もいます。

 20180409ブログ5

 マウンテンバイカーの方たち(゚∀゚)
下りはめっちゃ楽しそうですけど、登りはそのマウンテンバイクを担いで登らないといけないので大変です(^_^;)

 今回のコースは京都と滋賀の県境の世界遺産「比叡山延暦寺」周辺のトレイルが舞台です。

 20180409ブログ6

 延暦寺エリアに突入〜。

 一定間隔で設置されている休憩所(“エイド”と言います)では、飲み物や果物、お菓子やパン、地元の名物、お手製の料理まで出してくれるところもあります♪

 20180409ブログ8

 このエイドの食べ物をウリにしている大会も数多くあります。例えば丹波の猪鍋など地元の名物料理が出てきたり(*´艸`*)
場合によっては六甲縦走キャノンボールランのように生ビールや日本酒まで用意してくれているものもあります♪

 僕はこのエイドの食べ物が大好物で、手作りの料理はほぼ必ずいただくようにしています(*^▽^*)
もちろんお酒もあれば、しっかりといただきます♫
エイドの楽しみイコール大会の楽しみと言っても過言ではないくらいです笑

 リュックに人形を付けて走っている人も。

 20180409ブログ7

 ちょっと首が絞まって苦しそうですねww


 さて。

 エイドを後にするとまた山道が始まります。
 
 苦しい登り坂。

 20180409ブログ9

 後ろから見ると皆ちょっとゾンビのようです笑

 でも。登りきった先には絶景が待ち構えていることも多くあります(゚∀゚)

 20180409ブログ10

 琵琶湖が眼下に広がる絶景スポット(*^▽^*)
景色を楽しめるがトレイルランニングの最大の魅力!!

 20180409ブログ12

 そして、こちらのエイドではうどんが振る舞われます。

 20180409ブログ11

 大量の発汗で塩分が失われた体に、あえて濃い目に味付けされたうどん出汁が染みわたります。
うんめ〜〜〜〜(゚∀゚)(゚∀゚)////

 こうやって、地元の同好会がボランティアでエイドを出してくれているところもあります。
 
 20180409ブログ13

 有り難いですね〜♫おしるこもありました。うんめ〜〜〜〜〜(゚∀゚)(゚∀゚)////

 20180409ブログ14

 ええ天気♫
しんどいけど気持ち良いいい〜〜〜〜〜(*´艸`*)

 比叡山人口スキー場跡ではなんと!!

 20180409ブログ15

 焼肉を出してくれているエイドがありました〜\(^o^)/\(^o^)/

 20180409ブログ16

 もちろん!!いただきます!!!
 
 20180409ブログ17

 おまけにカレーーライスまで!!
もちろん!いただきます!!!笑
うんめ〜〜〜〜〜〜(゚∀゚)(゚∀゚)

 ここまでくればゴールまであと少し。
焼き肉とカレーで心も体もエネルギーが漲ってきます♫

 てことで。

 20180409ブログ18

 ゴ〜〜〜〜〜〜ル♫

 楽しい楽しい6時間の旅でした(*^▽^*)

 参加82人中18位。

 20180409ブログ19

 ぼちぼちの記録でんな〜(*´艸`*)

 エイドでは美味しいうどんや、味噌汁や、焼肉や、カレーや、果物、パン、コーラやポカリなど…。
食べて飲んで走り回って一日中山の中で遊んで3500円。めちゃくちゃ安くないですか??笑
お得感がハンパないですよね(*^▽^*)

 こんな感じで楽しい1日を過ごすことが出来ました〜。
京都マウントチョップの運営の皆さん、有難う御座いました!!!

 次は僕の好きな大会のうちの一つ、六甲縦走キャノンボールラン2018春の様子をご紹介したいと思います♫

 お楽しみに〜♫


金勝アルプス。何て読む??

 こんにちは。

 昨夜は今シーズン初の蟹を食べた酒井です、毎度です(*´ω`*)
刺し身、蒸し、焼き、鍋と、もう無理!ってくらい堪能させていただきました〜♫
実際お腹いっぱいすぎて雑炊は残してしまいました…(^_^;)

 美味しかったです(≧∇≦)/
あの、剥くのさえなければ完璧やねんけどな〜笑


 さて。
 
 本日は、先日トレーニングで行ってきました滋賀県の大津市と栗東市の境にある【金勝アルプス】をご紹介致します。

 「金勝」と書いて“こんぜ”と読みます。
知らなかったら絶対読めない読み方ですよね(^_^;)
さらにややこしいのは、同じ山域の金勝山(こんぜやま)にあるお寺の「金勝寺」は“こんしょうじ”と読みます。

 ははは〜。どっちかにせいっ!!笑

 ちなみに。
 全国他地域(山形、福島、埼玉、奈良)に同じ書きの「金勝山」や「金勝寺」が複数ありますが、他は全て“きんしょう”と読むそうです。

 地名って難しいですね〜(*´∀`)


 さてここは、巨岩奇岩がたくさんあることで有名な山域です。
標高も高いところで600mほどとそんなに高くなく、コースによっては2~3時間で下りてこられるし、危険箇所もあまりないのでファミリーや初心者でも楽しめるアスレチック的な登山コースで、地域住民の方や観光の方にもとても人気のある登山スポット。

 行き。まずはJR草津駅まで。
そこから駅前バス乗り場から帝産バスに乗り、上桐生というバス停まで向かいます。所要時間2時間ほど。

 20171121ブログ1

 登山道入り口はここ、キャンプ場の駐車場になります。登山客も有料で駐車可能です(^_^)

 20171121ブログ2

 駐車場トイレに掲示してあるハイキングコースマップです。

 20171121ブログ3

 今日はめっちゃええ天気♫のどかな風景です〜。

 20171121ブログ4

 登山道に入ってしばらくはこんな歩きやすい林道です。

 20171121ブログ5

 登山道らしくなってきます(^_^)

 20171121ブログ6

 最初の山、鶏冠山付近からは栗東のJRAトレーニングセンターが見下ろせます(^_^)

 20171121ブログ7

 鶏冠山を過ぎると、こんな岩々がゴロゴロしています。
どうやってこんなポジションに落ち着いたのでしょうか?笑笑

 20171121ブログ8

 稜線上は景色もよくええ気持ちです〜(*´ω`*)

 20171121ブログ9

 見どころの一つ。天狗岩に到着。

 ここは、けっこう危ないです。気を抜くと怪我しそうです(^_^;)

 でも元気な子どもたちがジャングルジムがわりに遊んでいました。

 大人は怖い怖いとはしゃいでおりました(^_^)

 20171121ブログ10
 20171121ブログ11
 20171121ブログ12

 天狗岩の写真を何点か。

 20171121ブログ13
 
 岩の上に立って周囲を見渡すととても気持ちよかったです(≧∇≦)/

 20171121ブログ14

 本当に。こんな大きい岩がどうやってここにあるんでしょう?不思議でなりません(。・_・。)

20171121ブログ15

 天狗岩を過ぎ、しばらく周辺登山道をグルッと回りながらランニング。

 

 ちょっと走りながらムービーを撮ったので見てみてください(^_^)
少しはトレランの気分が味わえるかな♫

 走りながらで手ブレが大きいので見てると酔いそうになりますけど笑

 途中で喋っているのはGPSの機械音声です〜。

 20171121ブログ16

 大きな分岐点ではコース案内図が立てられているので分かりやすいですよ♫

 20171121ブログ17

 狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)。
磨崖仏とは自然の岩壁や露岩、あるいは転石に造立された仏像のことを言うそうです。

 立派な磨崖仏にしばしの間、心を奪われます。平安時代初期のものらしく日本最古級のと考えられているんですって〜(゜o゜;

 1000年以上もの間、この仏さんはここにいてるということですね。この前を一体幾人の人間が通り過ぎていったのでしょうか…。

 歴史の重みを感じます(^_^)

 20171121ブログ18

 「重ね岩」。
 この岩肌にも、わかりにくいですが磨崖仏があります。それにしてもどうやってあそこに乗っかったんでしょう(^_^)

 20171121ブログ19

 花崗岩のざらざらとした岩肌なので、下りはめちゃくちゃ滑ります。要注意♫

 20171121ブログ20

 下の板には“ゴジラ岩”と書いていましたが、僕的には完全に、「ひよこ饅頭岩」です笑

 20171121ブログ21

 あとは気持の良い視界の開けた登山道を下るだけ。

 20171121ブログ22

 ゴール手前にはこんな磨崖仏もありました。写真右上の岩には逆さまに彫られた観音さまが見えます。
説明を読むと、逆さまに彫られたのではなく、もともとは普通に上向きだったのが岩がずり落ちて逆さまになってしまったようです。

 で。

 スタート地点の駐車場に到着〜。戻ってきました(^_^)

 本日の距離13.8km、時間3時間9分、累計高度845m、消費カロリ−1315kcal。
途中、天狗岩でたくさん遊んだり、磨崖仏をまじまじと観察していたりしていたのでちょっと時間がかかっちゃいました(^_^;)

 休日のがっつりトレーニングにしてはまだちょっと物足らなかったので、帰りは草津駅まで7kmの道のりを走って帰ることにしました(^_^)

 この金勝アルプス、バラエティ豊かな山の表情が楽しめてとても良いハイキングエリアでした(≧∇≦)/
人気があるのも頷けます。途中たくさんのハイカーさんたちとすれ違いました♫
岩の由来や、周辺の歴史の予習をして行けば、もっと楽しめるでしょうね。

 皆様にも是非おすすめします♫
休日の軽いハイキングにいかがですか〜(^_^)



チキチキ播播、とても面白い大会でした♫

 こんにちは。

 そろそろまたキャンプに行きたくなってきた酒井です、毎度です。
焚き火の前で、体を温めながら飲むウィスキーお湯割り、最高です(*´艸`*)

 近々一人でいこうかな〜♫

 さて。

 本日は僕の趣味のお話。
先月出場しました2つ目のトレランレースの様子ご紹介です♫

 兵庫県の播磨アルプスと小野アルプスで開催される、地元の有志が立ち上げた草レース「チキチキ播播(ばんばん)」に出場してきました。場所は、加古川と姫路の間辺りの山間部になります。

 地元の愛好家たちで運営される草レースなので、営利目的ではありません。ですのでエントリー料は激安です。3500円。
ただし、全てはほぼボランティアで運営されるので、休憩ポイントなどの設置が必ずあるわけでもありませんし、雨なら休憩所がない場所もあります。

 その代わり、周辺山域を愛する情熱と、皆で楽しもうという遊び心は他のどんな大きな大会にも引けを取りません(^_^)

 六甲を舞台にする「六甲縦走キャノンボール大会」もこのタイプの大会です。毎年赤字なんじゃないかというくらい休憩所ではご飯とお酒が山ほど出てきます笑。

 街の直ぐ側に山がある兵庫の方は、山への愛が大きい方が多いように感じますね(^_^)

 
 さて、チキチキ播播は、JR山陽本線の曽根駅前のファミレスに集合です。

 ちなみに、エントリーするとこのファミレスのモーニングがタダで付いてきます笑
レース前に、朝食とコーヒーでまったりしてしまいます(^_^;)

 スタート前のファミレス駐車場。

 20171109ブログ1

 謎のゆるキャラもお応援に来てくれています(^_^)

 20171109ブログ2

 後を見れば、着ぐるみはもうボロボロです笑

 さて。スタート♫

 20171109ブログ3

 この日はずっとしとしとと雨が降り、時折激しくなったりと、僕にとっては’久し振りの悪天候でのレースです。

 20171109ブログ4

 スタート直後にいきなり傾斜のきつい岩肌登りが始まります。
なかなかの斜度の上、少し雨で滑りやすくなっているので、ちょっと怖い…(^_^;)

 20171109ブログ5

 振り返ると景色はとても良いですが、足元を見るとゾワゾワ〜〜〜と鳥肌がたちそうになります。

 さて。頑張ってヒイヒイ言いながら岩登りを終えたら、この播磨アルプスの中間辺りの鹿嶋神社に到着。

 20171109ブログ6

 山と海がいっぺんに見えるええ景色です(^_^)

 そしてしばらく稜線上を進み、播磨アルプスを下ります。

 エイド(休憩所)がありました♫

 20171109ブログ

 まだまだ元気そうな顔ですね〜笑
いやあ、やっぱりコーラが美味い!!(≧∇≦)/

 さて。

 ここから次の小野アルプスに入るまでは、しばらく街中のアスファルトランニングです。僕の嫌いなパートです笑
しかも街中なので、雨を遮る木もなく、全身ずぶ濡れに(¯―¯٥)

 このロードランニングの途中で、同じようなペースで走る男性お二人と合流し、一緒に走る形になりました。
なんと一人の方はザックも持たず、ビーチサンダルで走っておられます!!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

 ワイルドな変態はどこにでもいるもんですね笑

 この方とは最後まで一緒でしたが、特にロードではシューズを履いている僕の方が離されていくくらい早かったです。

 しかも僕より年上。

 凄い…(゜o゜;


 ビーサン談義に花を咲かせながら走っているうちに、やっと少し山に入りました。

 20171109ブログ7

 …と思ったらいきなり、道から外れて斜面を登りだし、道なき道へとコースが続きます。
ビーチサンダルのSさん(走りながら喋っているうちに仲良くなっちゃいました(*´ω`*))は、何度かこの大会に出場しているらしく、案内してくれます。

 てか、ビーサンSさんがいてなかったら確実に迷っていただろうなというくらいのわかりにくいコース!!笑

 20171109ブログ9

 このチキチキ播播マークが目印(≧∇≦)/

 そしてまたまたビックリ!

 雨で斜面が滑るからと。

 20171109ブログ8

 ビーサンSさんがビーサンを脱いで裸足で斜面を下りだしました笑

 ワイルド過ぎて笑けてきます…(^_^;)

 野人です笑

 ほんますっごいですわ。

 20171109ブログ10

 そしてやっと、ワイルド道なき道ゾーンを抜け、のどかな畦道に出ました。

 ここから終盤戦の小野アルプスへ突入します(^_^)

 小さなピーク(山頂)がいくつも連続する、アップダウンコース。

 20171109ブログ11

 中でも、この紅山の下りがまた斜度のある岩肌下りで、恐怖感満点!!ヘ(゚∀゚ヘ)

 20171109ブログ12

 下ってきたところを見上げるとこんな感じ(^_^)

 ここを無事通過すると、最後のエイド。

 エイド手前でスタッフの方が撮ってくれた写真。

 20171109ブログ13
 20171109ブログ15

 はしゃぐ僕…(^_^;)

 エイドで休憩する僕と、ビーサンSさんの足。
 
 20171109ブログ14

 ちなみに、僕の靴は今年のニューモデル、2万円を超える高級トレランおシューズ様です。

 対するSさんのは、2千円の高級ビーサン様です笑笑

 僕の方が価格は10倍なのに、走力は負けておりました…泣けてきます笑( TДT)


 
 さて。ここからはもうあとちょいなだらかな山道を下るだけ。

 ゴールは目前です。

 はい、ゴール♫

 20171109ブログ16

 てかゲートも何もなし笑

 ホワイトボードに順番に名前を書くと、なんと!!!

 僕3位じゃありませんか!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

 20171109ブログ19

 わお!

 人生初表彰台!!

 皆雨やからもうやる気なかったんやろな〜笑笑

 ま、まわりが手を抜こうが何しようが3位は3位(≧∇≦)/

 嬉しかったです♫

 さて。

 ここゴール地点は温泉施設になっているので汗も綺麗に流せます♫超快適(*´ω`*)

 そして。

 ここが、このイベントの凄いところ!

 なんとゴール後に、手作りお料理によるビュッフェがあるのです(≧∇≦)/

 20171109ブログ17

 食べ放題!しかも結構美味しい♫

 スウィーツもあり♫

 ビールもすぐ横で売っているのでもちろん当然!!飲みます(*´艸`*)

 20171109ブログ18

 いやあ、ゴール後にこんな美味しいご飯が食べ放題!!

 で、スタート前にはファミレスのモーニングが付いて。

 これで参加費3500円は激安ではないですか?(*´ω`*)

 ビュッフェでゆっくりしすぎて、一時間に1本しか電車が来ないという最寄りの駅までまた走る羽目になるというオマケ付き!(^_^;)

 一緒に走ったビーサンSさんもまた一緒に走る♫

 20171109ブログ20

 あ、帰りはさすがに靴なんや〜笑笑(*´艸`*)

 お疲れ様でした!!


 さて。

 このチキチキ播播、おもてなしはすごいし、何よりコースがバラエティに富んだダイジェスト版みたいな全てを詰め込んだコースで、距離は20数kmと短いながらもとても面白いコースです!!!

 ぜひ次回の春開催時も参加してみようと思います(^_^)

 

 …皆さん、そろそろトレランしたくなってきました??(*´艸`*)

 ちょっと興味が出てきたら遠慮せずに酒井まで笑


「比叡山 International Trail Run 2016」結果報告

 おはようございます。

 筋肉痛でしゃがむのが辛い酒井です、毎度です(^_^)


 少し前からしつこいくらいに出る出ると言っていたトレイルランニングの大会「比叡山 International Trail Run 2016」を走り終えましたので、取り急ぎ結果だけご報告しておきます。

 結果。

 完走できました〜(*´艸`*)

 それも自分にとっては良いタイムで♫

 応援アリガトウゴザイマス!!

 20160529ブログ1

 完走証と、ボロボロになったゼッケン(^_^)

 20160529ブログ2

 ゴール直後の超汗臭い状態の酒井。

 夕日が綺麗です♫


 大会の様子は、また後日写真を整理して詳しくお伝え致します。

 お楽しみに♫



 

“キャノンボール”という祭<後編>

 こんにちは。

 小学生向けの水泳練習動画でクロールを学んでいる酒井です、毎度です(^_^)
いやいや、大人も子供も上手に泳ぐ為の秘訣は一緒です。分かりやすくてイイ!!

 頑張ります〜♫

 さてさて本日は、先日紹介しました第14回六甲キャノンボール大会の紹介記事の後編〜レース中の様子〜です。
では早速。

 20160505ブログ1

 当日のスタート前の塩尾寺下広場。少し肌寒い気がしますが、お天気は良さそうなのでトレラン日和ですね(^_^)
今年もこんなに沢山の人が集結しています。ここに集合しているのは「SPEED」の方々。
「POWER」出場の鉄人たちはすでに前日の夜からスタートしています。

 毎年恒例の選手宣誓(笑)から始まって、いよいよスタートです\(^o^)/
(※こちらの、一年前の第12回六甲CBの紹介動画の冒頭部分に選手宣誓が出てきます。お時間があれば見てみてください♫→https://www.youtube.com/watch?v=j41KwXWKReM
因みに。この時出場していた僕が偶然にもチラチラっと何回か写っています(*´艸`*)見つけられるかな♪)

 20160505ブログ2

 スタートしてしばらくは大混雑(~_~;)
左(トレイルコース)から行っても右(ロードコース)から行っても行きつく先は同じなので、今回は右のロードコースを選びます。

 コスプレの方もちらほら。

 20160505ブログ3

 海軍おった!

 20160505ブログ4

 道化のバギーもおるし、そげキングもおる〜(*´艸`*)

 やっぱお祭です♫

 20160505ブログ5

 そろそろ人もバラけてきました(^_^)
天気が良くて気持ち良いです。

 20160505ブログ6

 快調に飛ばします。
山中を駆け巡るのは気持ち良いですね♪

 ぐんぐん高度を稼いでそろそろ六甲最高峰というところで。

 20160505ブログ7

 名物の“エロ本エイド”がありました!!
エロ本読んで英気を養え!!!ということですね(*´艸`*)

 20160505ブログ8

 もちろん記念撮影♫

 そして最高峰直下には第1のエイドがありました〜♪

 20160505ブログ9

 本日1杯目の酒!!いただきま〜ス\(^o^)/

 20160505ブログ10

 持参したかやくご飯おにぎり…がリュックの中で押しつぶされてもはやおにぎりではなくなっていました(~_~;)

 さてと。腹ごしらえ&トイレも済ませて、また出発です。

 20160505ブログ11

 六甲ガーデンテラスあたりにまたエイドです♪
こちらのエイドはお酒はなかったので、バナナとシリアルをちょいといただきマス(^_^)

 20160505ブログ12

 ここらはなだらかな上り下りが続くのでしっかり走ってタイムを稼ぎます。

 20160505ブログ13

 キタぜ!次のエイド♪

 20160505ブログ14

 ビールいただきやす!!\(^o^)/

 20160505ブログ15

 記念撮影もパチリ♪

 まだまだ走り続けます。

 先には、摩耶山の掬星台エイド。

 20160505ブログ16

 20160505ブログ17

 ここは温かい食べ物を提供してくれていて非常に有難いです(^_^)

 当然!!
おでんと酒、いただきまース!!\(^o^)/

 ですが、あまりノンビリもしてられません。
サッと食べてグッと飲み干してまた走り出します。

 しばらく下って市ヶ原を超え、先へ進むと今度は大龍寺の山門前にエイドがあります♫

 20160505ブログ18

 唐揚げ、豚汁、おにぎり。もぐもぐいただきマス!!

 20160505ブログ19

 日本酒もね!!\(^o^)/

 20160505ブログ20

 次の山の鍋蓋山山頂あたりは展望が開け、良い景色が拝めます(^_^)

 20160505ブログ21

 空も気持ち良い♫

 20160505ブログ22

 急な下り。
足元に気をつけながら飛ばします。

 20160505ブログ23

 湖畔ランニング。気持ち良い〜(^_^)

 20160505ブログ24

 やっと菊水山山頂に着きました。ここでコースの2/3あたりまで来たことになります。

 ここで!!!!

 キターーーーー\(^o^)/\(^o^)/

 20160505ブログ25

 生ビールマン!!

 こんな山頂にまで重い生樽を担いで登ってくれてありがとうゴザイマス!!

 20160505ブログ26

 いただきマス!!\(^o^)/
ビールが体に染み渡ります(*>_<*)

 20160505ブログ27

 ここ菊水山は景色が綺麗なので癒やされます♫

 まだまだまだまだ走ります。

 菊水山から下ったところにもエイドが。

 20160505ブログ28

 20160505ブログ29


 ここではおにぎりとフルーツをいただきマス(^_^)

そしてここからはしばらく街中を走るコースになります。

 ここで嬉しいサプライズ!!

 20160505ブログ30

 なんと鵯越駅前にも生ビールマンが\(^o^)/
めっちゃええ笑顔のお兄さんです♫

 20160505ブログ31

 モチロン生ビール、いただきます\(^o^)/

 20160505ブログ32

 さて。ここからの高取山の登りが結構キツイ…(T_T)

 20160505ブログ33

 やっと高取山神社。

 20160505ブログ34

 20160505ブログ35

 登った思たらまた下って…。

 20160505ブログ36

 狸に見送られながら…。

 20160505ブログ37

 アザス!!ビールいただきマス\(^o^)/

 20160505ブログ38

 アザス!!日本酒もいただきマス\(^o^)/

 しんどくてテンションが上がってきた!!飲むぞ〜\(^o^)/

 ここから最後の山々、栂尾山への登りには。

 前回出場時にもお世話になった。

 20160505ブログ39

 伝説の“生ハムエイド”!!

 20160505ブログ40

 なんと原木生ハムがあります\(^o^)/

 20160505ブログ41

 美味い!!\(^o^)/

 生ハムがある。ということは…(*´艸`*)

 20160505ブログ42

 ワインもありま〜〜〜す!イエイイエイ\(^o^)/

 このままここで飲んでいたくなりますが(~_~;)、あと最後のもうひと踏ん張りです。

 20160505ブログ43

 須磨アルプス。もうゴールは目の前です♫

 でこの須磨アルプスの馬の背には、またまた。

 エロ本エイドがあります♫
 
 20160505ブログ44

 モチロン、、、満面の笑みでエロ本を読みます\(^o^)/

 20160505ブログ45

 ここでのこの登りもキツイ…。

 20160505ブログ46

 鉄拐山山頂。あとちょっと!!!

 20160505ブログ47

 で、最後の鬼階段(*>_<*)
上を見上げると嫌気が差してくるので、足元しか見ません!!!!(`・ω・´)ゞ
 
 20160505ブログ48

 おっしゃ、旗振山!!

 あとは須磨浦公園駅前へ下るだけ〜〜〜(*´艸`*)

 20160505ブログ50

 20160505ブログ49

 てことでグオオオオオオ〜〜〜〜ル\(^o^)/

 最後の最後でちょっとコースロストしてしまって10分ほど損していましたが。

 なんとか8時間切り達成!

 7時間49分でゴール!!

 全部のお酒をいただく!!という真の目標(笑)もクリア\(^o^)/

 運営の方々、今回もおもいっきり六甲を楽しみ遊ばせてもらいました。アリガトウゴザイマス!!m(_ _)m
 
 
 …こんな感じで、美味しいお酒やご飯を食べながら、景色も楽しんで、登山も楽しんで、美味しい打ち上げビール(打ち上げビールは自腹ね♫)まで飲める六甲縦走キャノンボール大会、とても良いイベントだと思いませんか?(*´艸`*)

 興味の湧いた方、次回一緒に出場しましょう〜〜。

 楽しいですよ♫




プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード