最近自分の年齢を意識したこと…

 こんにちは。
 
 なんだかもう冬は終わりって気がしてきましたね!(*´ω`*)
日は長くなり、日中の気温は高くなってきています。もうすぐ春です♫

 春のお花見がすでに楽しみな酒井です、毎度です(^_^)


 さて。

 本日は、完全な独り言…。最近の出来事について感じたこと。

 皆さん、「モスキート音」ってご存知ですか?

 人間は、加齢と共に様々な老化現象が体に現れますが、耳も例外ではないですよね。

 どんなに耳のよい方でも、人間が聞こえる音域は20~20000Hz(ヘルツ)らしいですが、その中でも、「モスキート音」とは17000Hz(ヘルツ)前後の高周波音のことを指すそうです。

 この音は基本的に20代前半までしか聞こえず、20代後半からは聞こえづらい、または聞こえなくなるそうです。
聞こえる音が「キーン」という不快な音で、耳年齢の若い方にとってはとても耳障りな音。この音が「蚊が飛んでいるような音」ということからモスキート音という名前になったとか。

 bug_ka.png

 日常会話で最も使われる高さの音は1000Hz、鈴虫の鳴き声程度(人が出せる声より高い音)は4000Hzといわれてるので、モスキート音がどれだけ高いのかがわかります。

 この“若い人にだけ聞こえる高周波音”というのを利用して、若い子たちがたむろして迷惑になりやすい、夜のショッピングモールや深夜のコンビニ等で、このモスキート音を鳴らし不快感を与えて、たむろしにくくするという手法を取っているところもあるようです。

 

 …というのは、知識として知ってはいましたが。

 

 先日、我が子3人と郊外の大型ショッピングモールへ晩御飯を食べに行ったときのこと。

 
 長女「パパ、めっちゃキーンてうるさい音がする」

 僕「んん?するか?そんな音?」

 長男「うん。めっちゃキーンて鳴ってるで」

 次女「めっちゃうるさいー」

 


 僕「えー!?うそーん!?鳴ってるー?」

 長女「鳴ってるって。パパなんで聞こえへんの?」

 僕「鳴って…」

 


 は!Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)Σ(゚Д゚)

 

 れ

 が!

 噂の!


 モスキート音てやつ!!!??Σ(゚∀゚ノ)ノ

 

 ええーーー!!!

 そういうのがあるってのは知ってたけど。

 

 実際ほんまに聞こえへんってわかるとめっちゃショックーーー!!!(T_T)

 

 ホンマに聞こえないんですね、オッサンには(T_T)

 

 若い子が出来て自分が出来ないことがあるって微妙に悔しい(T_T)

 

 気持ちは若いままでも体は確実に衰えていってるんですね〜…。

 
 その夜は、何だか妙にしみじみ自分の加齢を感じた夜でありました〜(~_~;)


 
 ちゃんちゃん。

 お終い♫

 この「モスキート音」、自分の耳で聞こえるかどうかチェックするアプリがフリーであるみたいですよ。
気になる方は是非チェックしてみて下さい〜(*´艸`*)


 本日は、酒井のしょうもない独り言にお付き合いいただき有難う御座います。
皆様今宵も楽しい夜をお過ごし下さいませ♫


いい香りの林檎のカクテル♫【フレッシュフルーツカクテル】

 こんにちは。

 昨年末、台湾旅行に行って小籠包を食べなかったことを、今更ながらじわじわ後悔している酒井です、毎度です♫
次に台湾に行った時は絶対食べてやる〜゚(`・ω・´)と予定もないのに勝手に意気込んでおります。

 さて。

 本日は、新しいフレッシュフルーツカクテルのご案内です!

 こちら。

 20170218ブログ

 林檎のシャルロッカ  ¥900
 「シャルロッカ」というカクテルがあります。レシピは、ズブロッカという桜餅の香りのするフレーバードウォッカを林檎ジュースで割るというシンプルなものです。
当店では、そのシャルロッカをその場で林檎をすりおろしたフレッシュジュースで作ります(*´艸`*)
プラスいくつかの隠し味も加えて、ふんわりと桜餅のいい香りが漂う瑞々しいフレッシュフルーツカクテルに仕上げました♫
 アルコール度数は低くはないので、美味しくて飲みやすいからと言ってガブ飲み注意です(*´艸`*)

 皆様是非お試しを〜♫


新蒸溜所見学♫〜長濱蒸溜所〜

 こんにちは。

 今日はバレンタインデーですね(^_^)

 年をとるにつれ、甘いものがだんだんと好きになってきた酒井です、毎度です♫
若い頃は一切口にしなかったんですが、最近はたまに甘いものが欲しくなるようになりました。
オッサンになって疲れがたまりやすくなっているのでしょうか(~_~;)

 
 さて。
 
 本日は、先日滋賀県の新しく出来たウィスキーの蒸溜所、「長濱蒸溜所」に見学に行ってきましたのでその様子をご紹介致します。

 長濱蒸溜所は、20年以上前から滋賀県の長浜市でクラフトビールを製造する長浜浪漫ビール株式会社が2016年に設立したウィスキーの蒸溜所。直営レストラン内に設置された蒸溜設備(ポットスティル等)を食事をしながら間近に見ることができる珍しい蒸溜所です。また日本最小規模の蒸溜所ということでもあるようです。

 ということで、日帰り圏内に新しくウィウキーの蒸溜所ができたとなれば行かないワケにはいきませんよね♫
行って参りました〜(*´艸`*)

 JR大阪駅から新快速に乗り長浜に向かいます。

 20170214ブログ1

 彦根の手前辺りからはもう一気に雪景色になりました(・o・)
20年前、雪の中大学に通った記憶が蘇ります(~_~;)

 JR長浜駅到着。

 20170214ブログ2

 駅からは伊吹山が見えます。

 長浜には、長浜城跡や黒壁スクエア、琵琶湖、竹生島、黒壁ガラス館、海洋堂フィギュアミュージアムなどの観光スポットがあるようで、国内から&海外からと観光客が多いのです。ちょっと意外でした(~_~;)

 駅から徒歩5分ほどですぐに、長浜浪漫ビール直営レストランに到着。

 20170214ブログ3

 蒸溜設備見学の前にとりあえず、レストランでお食事&飲みです(*´艸`*)

 20170214ブログ4

 ちょっと油断していましたが、もの凄い混雑です(・o・)

 念のために予約しといてよかった〜(~_~;)

 20170214ブログ5

 店内は、木の梁や柱、そして白塗りの壁で、山小屋のような雰囲気です。
その雰囲気はどこか、ロボの店内にも似ています(^_^)

 それにしてもスゴイ混雑です。
会社の慰安旅行らしき20人位の団体、地域の老人クラブ的な20人位の団体、アジア系観光客の30人位の団体…。
団体さんだらけで大賑わいです(~_~;)

 一杯目は。

 20170214ブログ6

 もちろん長浜浪漫ビールで乾杯〜!!(*´ω`*)

 20170214ブログ7

 おかわりは、長濱ウィスキーの熟成前の出来たてニューポットを使った「長濱ハイ」をいただきます♫
柚子の風味が効いた麦チューハイといったテイストです。グビグビ飲んでしまいます(~_~;)

 ランチも兼ねているのでフードもガッツリいただきました♫

 20170214ブログ8

 伊吹豆腐の山芋と梅肉かけ、580円。

 20170214ブログ9

 鴨とネギのピザ、1,480円。

 20170214ブログ10

 ソーセージ・フランク5種盛り合わせ、840円。

 20170214ブログ11

 近江牛のたたき風、980円。

 その他にもモリモリ食べました(*´ω`*)

 あとは長濱ハイ、長濱ハイ、長濱ハイ…。

 …。

 あっ、いけません。

 危うく当初の目的を忘れるトコでした(~_~;)

 蒸溜設備の見学!(*´ω`*)

 
 …このレストランは、ビールの醸造工場も兼ねた工場一体型の直営レストランです。各種設備はもうテーブルの真ん前にあります。

 20170214ブログ12

 こんな感じ(^_^)

 ビールの醸造とウィウキー製造の前半行程を兼ねた糖化と発酵の仕込み槽です。

 20170214ブログ13

 そしてその脇に、新しく設置されたウィスキーの蒸溜設備がガラスの仕切り越しに見えます。

 こちらの蒸留器は、あまり見慣れない形をしていますが、“アランビック型”と呼ばれる蒸留器で、その昔古代ペルシャの錬金術師たちが化学物質を蒸溜するために用いた蒸留器の形です。
現在のような、大量にアルコールを製造するための蒸留器ではないので、そのサイズは非常に小さく、この長濱蒸溜所のアランビック型蒸留器は日本最小クラスの大きさとなっています。
 
 20170214ブログ14

 手前で作業をしている従業員の方と比べるとその大きさがお分かりになると思いますが、台の高さ込みで僕らの背丈より少し大きいくらいの高さです。

 こんな小さな蒸留器ですから生産量は一日たったの1樽。年間でも4万リットルだそうです。
4万リットルの生産量というのは、あの小さな秩父蒸溜所と比べても半分以下。スコットランドの大規模蒸溜所ならたったの1日分ほどです。その規模の小ささにビックリします。まさにマイクロディスティラリー(小規模蒸溜所)ですね(^_^)

 この手前の作業をしている場所はバーカウンターになっていて、実際ホームページの見取り図にも“バーカウンター”と書いていたし、電話で問い合わせた時もそのバーカウンターで飲めますと言っていたので、そこで蒸留器を眺めながら酒が飲めるのかと思いきや…。

 ただの作業台になっておりました。

 しかも整理されていなくて汚い(¯―¯٥)

 そして。

 20170214ブログ16

 カウンター横には、幾つかの樽が3段に置かれていました。
“ヘブンヒル社のバーボン樽”という印字がされています。

 20170214ブログ15

 またノンピート麦芽、ピート麦芽といったマジック書きも見えます。
蒸溜年月日も書いてあります。

 しかし、こんなレストランの端っこみたいなとこに雑然と置いておいてイイんでしょうか…(~_~;)

 レストランのスタッフの方々は皆とても忙しそうに動いてらっしゃって、とても蒸溜設備について質問しようと声をかけられるような雰囲気ではなく、また発酵槽を覗き込んで作業してらっしゃる方にももちろん声をかけられるワケでもなく。


 20170214ブログ17

 ただ単純に。設置されている蒸溜設備を眺めるだけで終わってしまいました。

 ちょっと拍子抜けですね…(~_~;)

 …。

 てなことで、ただの昼飲みに行った感じで終わってしまった長濱蒸溜所見学ですが。

 まだまだ新設されたばかりの蒸溜所です。いろんな体制が整っていなくて手探りの状態なのでしょう。これからどんどん改善されていくハズです(^_^)
産声を上げたばかりの新しい蒸溜所です、ガシガシ頑張って欲しいですね♫

 応援しています〜〜ヽ(=´▽`=)ノ

 そして。

 こちらの蒸溜所の熟成前のできたてウィスキー、当店に入荷しております。

 興味のある方は是非、お試しください〜♫


福島からニューポットが届きました♫【新入荷175】

 こんにちは。

 明後日は柳生街道を走ってみようかと思っている酒井です、毎度です(^_^)
雪はあるのかな?走れる状況なのでしょうか?むむむ。リアルタイムのトレイルの状況は行かないとわかりませんね(~_~;)
とりあえず行ってみようと思います(*´ω`*)

 さて。

 先日に引き続き、またまた国内の新しいウィスキー蒸溜所からニューポットが届きましたのでご案内いたします。

 こちら。

 20170210ブログ

 ✦笹の川 酒造安積蒸溜所ニューポット 63%  ¥1,000
 まず初めに。読み方は“安積”と書いて「あさか」と読みます。
最初僕は完全に「あづみ」だと思っておりましたが、「あさか」です笑

 最近は、国産ウィスキーのニューポット(樽熟成させる前のできたての透明のウィスキー)入荷のお知らせが多いですが、それだけ新しい蒸溜所がたくさん誕生しているということですね。ここ安積蒸溜所は、福島県にある笹の川酒造が昨年操業を開始したウィスキーの蒸溜所です。

 笹の川酒造と言えば…。
ウィスキーに詳しい方にはその名前はすでに広く知られていますが、あの埼玉県のイチローズモルトが羽生蒸溜所の原酒を一時保管してもらっていた会社なんです。
そうです、10年と少し前にこの笹の川酒造の協力がなければ、現在世界中に収集マニアが存在し価格も高騰を続けるあの伝説の「イチローズモルト カードシリーズ」は原酒が廃棄されこの世にリリースされなかったかもしれません。

 当の笹の川酒造は実は1946年に、東北唯一の地ウィスキーメーカーとしてウィスキーの製造を開始しています。旧社名の「山桜酒造」から名前をとり、「チェリーウィスキー」として当時の地ウィスキーブームに乗り全国的な人気を得ていましたが、ブームの終焉、国内ウィスキー市場の低迷により販売量が減少し、原酒製造を一時中止していました。
その後は残った原酒や海外から輸入した原酒をブレンドして商品の販売を行っていましたが、近年のウイスキーブームの再燃により、また新たな蒸溜設備を導入し、2016年よりウィスキーの蒸溜を再開しています。

 前置きが長くなりましたが、そうして出来上がったのがこのニューポット(樽熟成前の新酒)と云うわけです。
福島県を中心に出荷された限定1002本。ネット販売は出来ない契約らしく電話注文で発送していただきました(^_^)

 まだまだヨチヨチ歩きのこのウィスキー。どんな大人になるのか楽しみです♫
そして昨年今年と、たくさん誕生しているちびっこウィスキーたちが立派な大人になる頃も、まだまだ日本のウィスキー業界が活況を呈していることを願いながら、その味を味わいましょう(^_^)

※これで現在当店には、3種類の国内新蒸溜所のニューポットがございます。ということは…飲み比べセット出来ます♫
3種類15mlづつで、¥1,400→¥1,200。

 皆様是非お試しを♫

 本日も当ブログに訪問有難う御座います。
皆様今夜も良いお酒を♫



テカテカの茶色いやつ(^_^)

 こんにちは。

 自分が香辛料の“八角”の風味が好きなことに最近気付いた酒井です、毎度です。
台湾の料理に多用されますが、先日旅行に行った時に気づきました(^_^)

 台湾の屋台等の前を通ると八角の香りが充満しています。
これ、八角嫌いには地獄やな〜と思いながら歩いておりました(~_~;)

 ということで、今夜の賄い料理“台湾風豚の角煮”。


 さて。

 八角の香りはしませんが、燻製の香りがお酒をすすませる、人気オツマミが再入荷しましたのでお知らせです(^_^)

 20170208ブログ1

 ✦燻たま♡  1玉¥200
 殻付きの味付けゆで卵を燻製にしたものです。燻製のスモーキーな香りがウィスキーのおつまみにピッタリです。
♡マークに特に意味はありません(*´ω`*)

 皆様是非お試しを♫



プロフィール

1lobo

Author:1lobo
BAR LOBOのブログですよ~
目指せ!史上最良の街酒場!

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード